『建築と時間』磯崎新、土居義岳、岩波書店、2000 出版社/【著者からの内容紹介】世界の建築界をリードしてきた磯崎にとって,過去と未来はどのように意識されてきたのか.気鋭の建築批評家が磯崎作品を取り上げることを通して建築における時間の意味を批判的に検討し,日本の近代建築史における磯崎の存在意義について考察.建築の本質に迫る土居の刺激的な姿勢に感応して,磯崎自身が真正面から応答する魅力的な建築論の対話. 内容【(「BOOK」データベースより)】世界をリードする建築家、磯崎新。磯崎において、過去・現在・未来はどのように意識され、またそれは建築とは何か、建築家とは何かという、本質論的なアイデンティティの問いにどうかかわっているのだろうか。気鋭の建築史家が磯崎の主要な作品と言説を取り上げることを通して、建築における時間の意味を批判的に検証し、日本の近代建築史とそこにおける磯崎の存在について考察。その挑発的議論とクロスさせながら、建築家自信が批判に応えて自らの考え方、思想、歴史意識を明らかにし、応酬する異色の建築論の対話。精神分析的ともいえる土居の核心を衝く深い読みを受けて、磯崎自身が意欲的に対応したまさに白熱の「建築バトル」。