« 2018年4月 | トップページ | 2018年6月 »

2018年5月の3件の記事

2018.05.16

青木淳『フラジャイル・コンセプト』

青木さんからいただきました。ありがとうございます。

ぼくは、自分についてあまり自慢できるところはないのだけれど、青木さんと同年生まれであることはちょっとしたことである。ちなみに妹島和世とも同い年である。いつも青木論に余念がない花田佳明ともごく近い。

学生のころ、まだ邦訳のなかったデュランの建築書を借りるため、たしか江古田にあった青木さんの下宿までおしかけた。こころよく貸してくれた。だからM論が書けた。

若い頃、ぼくをふくめ周囲の人間は、青木さんの設計能力とともに、その理論構築能力をも認めていた。しかし、どこかに書いているかどうか知らないが、理論構築などという作為的なことは、やめはしないが、おおぎょうにアピールすることもないだろうと、ばかばかしく思えてしまったのであろう。そんなのは若いころの一時期だけやるものだ、といわんばかりに。こうして(?)文才溢れる成熟した建築家ができた(などと妄想する)。

ぼくが感心するのは、彼がときどき使う素敵な比喩である。ふつう理系分野である建築では、対象を正確に記述するために、喩えは使わないものだ。だから建築系のうまい書き手であっても、やはり文系の書き手にはとうていかなわない(たとえばぼく)。しかし青木さんの「いつやって来るか知れぬ火災をじっと待ち続けているスプリンクラー」(p.120)、「世界の一部を、まるで掌にそっと、捕獲したような」写真、複製は「現実の似姿であることを超えて、それ自体で独立した、厚みのない現実」(p.139)・・・などというくだりは、ひょっとしたらなにかからの借用であったとしても、なかなか気が利いている。

比喩とはなにか。それは、脳のなかに蓄積された膨大なアーカイブのなかから、はじめは無関係であったはずの2つの要素を、なんらかの意味をこめて、関係づけることである。だから比喩とは、人間として根源的で、創造的な能力なのである。この比喩力を、建築論のなかで展開させているのが青木さんである。

凡庸な人間(たとえば大学教授)は、カテゴリーに仕分けることが客観的で科学的だと思うにとどまっている。しかしカテゴリーの壁は、想像、体験などにおいて超えられるべきものだ。比喩はそういう超越力である。

彼による動線体、原っぱ、などのいろんな面白い概念や発想は、この「無関係と思われたもののあいだに、新たな関係をつくってみせる」能力にほかならない。

それはぼくを妄想にかりたてる。ぼくは編集者である。そして青木さんに依頼する。

「青木さんは建築家だから、やはり建築家として書きますよね。この本を通読して感じます。すごくよく書けています。でもぼくには、なにかがひっかかる。それは、ご自身も気にしてらっしゃるけれど、自分=設計者が絶対的存在となっているという点です。建築家目線が消えない。それはあたりまえのようで、あたりまえでない。小説でも、一人称で書くか、三人称で書くか、作家の決断しどころですよね。青木さんほどの観察力、連想力があれば、西洋の建築書とはまたちがった、三人称の建築論がかけそうです。そのとき、建築家が建築を語ることそのものを包含しながらも、建築がみずからを語るような文学ができるかもしれません。しなやかで、フレキシブルで、人やものが、概念に縛られるのではなく、あくまで自由である。そんな建築論です。作家はそれに近いことをしたかもしれないが、建築家はまだです。それができるのは青木さんくらいです。たぶん。」

いかがでしょうか、青木さん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.05.15

ロバート・マッカーター『名建築は体験が9割』

エクスナレッジ様から送っていただきました。ありがとうございます。

すでに結論でもあるタイトルからすると、ソフトな、初学者のための本かなという印象であり、たしかに著者もそう心がけて書いているようである。しかしじつは、広く、深い。

マッカーター氏は建築家にして教授職10年というから、研究職を極めたというより、学生との交流をへて、いかなる理念を簡素に伝えるかということに腐心している印象である。

彼が対象としているのは、フランク・ロイド・ライト(内部空間、織りなされた空間)、A・ロース(ラウムプラン)、ル・コルビュジエ(自由な平面、建築プロムナード)、そのほかヴァン・アイク、ルイス・カーン(ルームの共同体)らである。すなわち近代建築の巨匠たちである。そして彼らが開発したあらたな空間性が対象となる。

ここまでなら常識的なことに触れているだけだが、著者は、「体験=知覚」ということに立脚している点は注目すべきである。すなわち体験とは、5感をもった人間が、歩き、見て、聞いて、温度を感じて・・・などの膨大な知覚作用を総合して、「体験」とするのだが、こうすることで「体験」が漠然とした印象論ではなくなるのである。

著者の指摘によれば、エコール・デ・ボザール流の軸線による左右対称の構成法では、「眼と身体の経路」(p.70)はずっと一致したままであるので、深い体験は得られない。ところがモダンはそうではない。・・・この点は重要である。

すなわちぼくなりにいいかえれば、眼は視覚であり、身体の運動はじつは触覚であることを知れば、体験とはそれら諸知覚の総合の仕方にかかわっている。そして「体験とはそれら諸知覚の総合」であることは普遍的であるにしても、その「総合の仕方」は、エコール・デ・ボザール的とモダンでは違っている、ということだ。そしてモダンはモダンの統合様式があり、それは素晴らしいものであるにしても、これからの建築家だってその統合様式を発展させられる、という希望さえいだかせる。

著者はいわゆる現象学系の哲学者、ハイデガー、バシュラールらを引用している。そのこと自体は、これまた常套的である。しかし現象学とは、これまた体験や現象を漠然というのではなく、視覚とはなにか、触覚とはなにかを問うた、知覚学でもある。

だからこういうことだ。おもに20世紀初頭において、体験を指標とした建築家たちと、現象=知覚なるものの解明をめざした哲学者たちは、たんに同時代人であったいじょうに、なんらかのリンクがあった。それはたんに、建築家たちが、時代の空気をすっていた、文献に目をとおした、耳学問をした、さまざまであろうが、彼らの設計のために同時代思想についてじゅうぶん敏感であったのであろう。

さらにぼくにとって興味深いのは、著者そのものの立ち位置である。ライトの内部空間意識から出発するということが、ヨーロッパに学びつつも、それを超ええた、アメリカ建築のアイデンティティ、アメリカ独自のモダニティの、宣言のようにも思える。そうすればライトが「アメリカ建築」の祖であっても、まあ文句はない。であるからこの書は、建築の普遍的理解というより、独自のアメリカ建築文化を構築するために書、というようにもみえる。著者が教育者であることはその状況を示唆しているようにも思える。

そして日本はどうか。日本的なものについての論考はとっくの昔に一段落しているので、最近はそういう論考はないような気がする。日本独自の都市性をもってそうだというむきもあるが、それらはえてして偽悪的であり、普遍性をみずから禁じているふしがある。日本独自であり、かつグローバル市場でも商品価値のある、建築観。建築教育のグローバル化は、そのような商品開発なしに販売戦略をやっている。それがわが国の現状のようにおもえる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.05.05

山本理顕『脱住宅』

3月初頭にはいただいていたので、遅いお礼となりましたが、ありがとうございます。

保田窪いらいの集合住宅プロジェクトの作品集でもあり、時系列でプロジェクトをみながら、専用住宅批判、1住宅=1家族批判を展開する。作品の歩みがそのまま理論の歩みになっており、かつ30年にもおよぶ世の中のながれも含んでいる。そういう意味では、シンプルなようで、いくつかの糸でなされた織物のような書である。

都市計画とくに用途地域制や、学校社会化などの国家政策はもちろん、国家による社会構築なのだし、国民を「家」単位で管理しようしたのももちろん政策意思であろう。住宅政策、住宅のプロトタイプ化もおおきくはこの路線にそったものである。これはご指摘のとおりである。

そこでコミュニティティなり、アソシエーションなり、いわゆる地域社会や共同体などといろいろな言葉でいわれるものだが、基本的にはこれらは両義的なものであろう。つまり行政的に上からそれらがつくられることもある。同時に、自然発生的に、あるいは古い時代の人的組織の継続などにより、いわば下から構成されることもある。社会学者たちもおそらくその両方にかかわっているはずだし、「社会」なるものは社会学による発明だ、などという指摘もされる。

比較論的にいえば、西洋における上記の意味での社会構築は、しかるべき思想の表明があり、それが翻訳されて制度になるという、わりとわかりいいプロセスがみられる。しかし日本では、それが政治ではなく行政というわかりにくい世界でなされるような傾向があり、批判する人は多いのだけど、ではだれが批判されているのか、よくわからないところがある。吉武泰水を批判したってしょうがないと思うこともある(標準化は時代課題だったのだから)。それも日本的だといえばそれまでである。

「閾」概念は30年前は公私の関係づけというか、なにかバッファゾーンにような意味合いであったが、そののちのプロジェクトでは、イギリス的なコモン、あらたな、より積極的意味を与えられた地域空間、生業空間などになってきている。

おおまかにいえば山本さんの30年のあゆみは、当初、公私の関係づけのためにどちらかというと理論的に創案(あるいはサーベイで観察した)した「閾」概念を、概念として発酵させ、時代の変化に対応させて成長させてきたことであったといえる。公私の関係は、いわば終わりなき課題である。だから山本さんの「閾」論とは、空間図式による固定的な解法を提案したものであったというより、その終わりなき課題そのものの存在を顕在化させることに重要な意義があったと思える。

空間帝国主義と揶揄されていたころから知っているが、そういう意味で、結局いちばん柔軟であったのは山本さんとその図式であったことは、明らかである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年4月 | トップページ | 2018年6月 »