« ギアさんのTOTO講演会 | トップページ | 中村拓志"The Architecture of Sayama Lakeside Cemetery" »

2015.10.25

ヤフオクドームの東京音頭

にわかスワローズファンになって、ビジター応援指定席で観戦してきた。

下馬評どおりというか・・・・。得点差からすれば、粉砕されたというわけではないが、スワローズがいくら挑戦しても、はね返されるといった印象で、チャンスもつくれないままであった。ホークスは圧倒しようとテンションを高めることもなく、淡々と投げて打って、涼しい顔でそこに立ちつづけていた。

贔屓のチームを応援するという段階は通り過ぎたので、ようするにプロらしいレベルの高いパフォーマンスを見ればよかった。だから満足ではあった。

数年ぶりに観戦すると、思い出が走馬燈のようによみがえる。ぼくは、王のホームランも、長島の引退試合も、できたばかりの根本ライオンズが負け続けるのも、広岡ライオンズの初優勝も、東尾のデッドボールも、工藤のカーブも、球場で見てきた。

ながく見てくると、勝負そのものよりも、それに陶酔する人間たちのほうに興味がうつってくる。お楽しみはこれからかもしれない。

|

« ギアさんのTOTO講演会 | トップページ | 中村拓志"The Architecture of Sayama Lakeside Cemetery" »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/424713/62215037

この記事へのトラックバック一覧です: ヤフオクドームの東京音頭:

« ギアさんのTOTO講演会 | トップページ | 中村拓志"The Architecture of Sayama Lakeside Cemetery" »