« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »

2015年8月の4件の記事

2015.08.26

北山恒『都市のエージェントはだれなのか』

北山さんからいただきました。ありがとうございます。熱いメッセージも頁にはさまれていた。なぜか成城学園前のドトールで、気合い入れて読んでみた。

周知のとおり北山さんは、真の意味の都市建築を探求してきた建築家として、Y-GSAの管理運営責任者やその教育研究スタッフのひとりとして、時代の課題に真正面から取り組まれてきた感がある。そして本書は大学教員退任記念書といった意味合いの、ビジョンを問う著作となっている。

パリ、NY、東京が俎上にのせられた資本主義都市批判である。1950年代生まれの彼は、全共闘世代とも団塊の世代とも微妙にちがう価値観がありそうだと感じる。1968年の切断面をつくった当事者というより、それによりもっとも影響を受けてしまった世代という自覚である。ただ5月革命もよいのだが、本論の主旨からいえば1968年の都市政策大綱はとりあげられてしかるべきであろう。

パブリックとプライべートとの対比についての論は、ぼくとしては反対というわけではないが、なにかべつの言い方もあるのではないかと感じた。おおまかにいって最近の建築家たちはコモンズという第3の道を模索していることは感じる。しかし歴史的文脈で説明するとき、あたかもそれ以前は資本主義により公と私しなかったようにいうのは極端だと思う。つまりコモンズは近世から近代にかけて、劣勢とはいえそれなりに保存されてきたとおもうし、1970年代のコミュニティ試行もその遺産をすこしは活用していたはずである。脱線するが、数年前ぼくは、クリエイティブシティ横浜の企画で山本さんによばれて、19世紀パリの都市形成についてしゃべった。20世紀的な不動産業とはなまたちがう、19世紀の都市形成について話した。基本は営利目的の市街地開発なのだけれど、まだまだ企画立案者にこれからの都市ビジョンについての理想というようなものがあった。それらはマルクスにより空想的社会主義として非難されたのであるが、21世紀の可能性はこの「挫折した19世紀」にあるのではないか。

同感したのは、シカゴ派への注視である。建築におけるシカゴ派と、社会学や経済学におけるシカゴ学派は、都市シカゴの急速な資本主義的発展という共通の課題を考えていたということで、通底するものがあるという点は、21世紀になってふたたび重要なものとなっている。というようなことを最近考えていたのだが、北山さんもそのように指摘していた。バージェス「同心円的地域構造説」(69頁)などは今日でもコミュニティ論の支柱のひとつであるようだし。

「完全な土地私有」(102、130頁など)というアメリカモデルを日本は採用したわけである。学生であったころ、ヨーロッパとくにドイツなどでは土地は社会資産であって個人資産ではないが、日本では私的財産とみなされるので、公共性は欠如し、都市計画もうまくいかない、このような日本的問題を、ぼくの世代は教えられてきたものであった。こうした場合の社会は、「公、協、私、民」構図(121頁)のどこにおさまるのだろう?

マックス・ウェーバーだったか、古代から商人はいたし商人根性もあったが、なぜ近代だけが資本主義社会と呼べるのであろうか、という問いをなげかけた。ぼくなりに考えると、昔の商人は、まさに私利私欲のために商売した。ところが資本主義社会の商人は、この私利私欲ではなく、まさに資本の欲のために、ほとんど滅私奉公的に?はたらいた。そこにいわゆる世俗的禁欲主義なるものが必要だったわけである。

すると資本というのはユニバーサルな神や霊魂のようなもので、サーバ内の数値のようなもので、それが具体的な個々の商人たちにのりうつり、自分の欲望を彼ら商人が実現するよう、さまざまな指令をだしてゆく、というようなことがイメージできる。

そういう意味では、じつは本書ではまだまだ論じ尽くされていない、だから可能性がある、のが「エージェント」という概念である。ぼくなりに整理すると、資本が都市をつくる、のが基本的構図である。すると「都市のエージェント」ではない。問題はだれが「資本のエージェント」となって、都市をつくっているのか、ということだ。資本そのものは最終的には数字に還元されるしかない、ドライで、普遍的で、抽象的なものである。それがあるプロジェクトにおいて、資本は代理人を指定して、彼に実現させようとする。それがだれかは時代や場所によってかわりうる。その「エージェントX」が都市をつくっている、というかたちになる。このXは、いわゆる資本家とはかぎらず、建設企業、不動産会社、市町村、国などであろう。しかし資産のある個人もそうなりうるし、じつはここに地域社会やアソシエーションも代入しうる。すぐにそうなるのはむつかしいとしたら、代入できるようなものに育てる、なっていただくなどの目標がたてられる。そうすると近年のさまざまな試行の前途に目標のようなものがぼんやりとうかんできそうである。ただ、さらなる資本の支配がすすむことはいえそうであるが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.08.24

国立西洋美術館にて講演

8月22日、ボルドーの都市について語った。開催中の『ボルドー展---美と陶酔の都へ---』の枠組みで企画されたもので、おもに絵画をコンテンツとする内容を、建築的、都市的文脈からサポートするという依頼であったので、迷うことなく受けさせていただいた。

ル・コルビュジエの建築で講演できることは、建築人にとってはたいへん名誉なことではあった。ただなにぶんテーマが地味なので、ホールは閑散としているだろうと想像していた。ところが大学での講義よりははるかに人が多く、さすが上野と感じ入ったものであった。

18世紀の広場建設が、たんに古典主義建築の展開ということにとどまらず、徴税所や商業会議所といった基幹経済制度の整備、また地元財界人たちへの土地投機機会の提供、でもあったことを指摘した。ひとつの建設プロジェクトをみると、横断的に、さまざまな社会的勢力の相互関係がみえてくる。政策立案する政治家、資産増殖と社会的地位向上をめざす商業人、法曹を支配する地元貴族勢力、などの利害がどのように絡んでいるか、それが地域社会の構図であろう、というようなことを述べた。

さらに18世紀中盤に都市プロジェクトによって景観が一新されたことが、画家の絵心を刺激し、さまざまな都市景観画が描かれたと推測できると指摘した。ガロンヌ川に臨む町並みというのが一般的な構図で描かれている。川、空、雲による絵は、基本的には風景画である。ジャンルは風景画である。が、都市プロジェクトが契機だというのがおもしろい。さらに会場のオリジナルをみてはじめて気づくのは、ディテールである。近景に描かれた、多くの船舶、修理中の船、さまざまな機材を活用して荷揚げする様子、それらが港湾技術づくし的な、そういう意味で百科全書がさまざまな手工・工学技術の図解であることを彷彿させるような、詳細な説明図として読解できて、率直に楽しいのである。

18世紀は国際貿易都市、19世紀から20世紀は造船業などの製造業もふくむ商業・工業都市、21世紀はアラン・ジュペ市長の施策による文化・観光都市というように、きわめて明確に「生き残り戦略」を選択しつつ、活力を保ってゆく都市である。美も、陶酔も、そして工夫、野心、上昇志向も、都市のエネルギーである。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2015.08.08

『聖なる空虚と近代都市の祝祭』すなわち空白の快楽?

というエッセイを書いた。atプラス25、2015年8月8日発売である。

これは磯崎さんコーディネートによる特集「2020年東京五輪に向けて 東京祝祭都市構想」のなかの一稿である。

このプロジェクトそのものは磯崎さんがすでに予告していたが、それが具体的なプロジェクトといくつかの論考をともなって公表された。

プロジェクトは、もちろん2020年に予定されている東京オリンピックを念頭においたきわめて適切なタイミングのものであるとともに、磯崎さん固有の文脈においてもとても重要なものである。たとえば、広島ピースセンターの体験、大阪万博におけるお祭り広場、つくばセンタービルにおける国家の消滅と虚無の広場、都庁舎コンペにおける広場としてのアトリウム、など。今回のプロジェクトはそれらと同じ文脈で発展的に論じられるものであろう。

論考においては、かつてぼくが「母なる日本」と呼ばさせていただいたものが、深く、広く、展開されている。そしてその絢爛たる理論構築を貫通して、磯崎さんの体質のようなものが、つよく感じられる。空白の恐怖ならぬ、「空白の快楽」である。これからも磯崎論を展開しようとする場合、不可欠の視点のように思える。

ぼくとしては昔やった広場論の続きを考えて書いた。そもそも20世紀の広場は、論において虚構であり、実態において空疎である。だからだめだというのではない。そこにおいて、20世紀的な空虚を味わい尽くすべきなのである。ぼくはこの点については、磯崎さんの視点はもっともだと思うし、その方向で論考してみた。ただし建築史的な文脈というぼくの関心にどうしてもひきつけてしまうので、クライアントにはあまり忠実ではなかったかもしれない。とりえあず近代の宗教性との関連で整理してみた。オベリスクなどという「役物」もいれてみたので、読んでください。

編集の妙というか、連載『Dの研究』の「宗教と社会主義」ともしっかりリンクしているにように思える。トーテム概念の重要性は理解できるが、それが原父殺しではなく原遊動性においてだという論点からは学ぶべきことが多そうである。首都における無場所性こそ、その遊動性を躍動させるのではないか。だからこそ空虚が生まれる。ただそれにしても、19世紀末から20世紀初頭にかけて宗教概念そのものが変革したことはおさえておこうと思う。マルクスが宗教を否定し、フロイトは宗教のからくりをあばいたとはいえ、そのことによってむしろ宗教はより高次に格上げされたようにも思える。そのことは建築や都市と無関係ではない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.08.07

『建築の価値、建築と価値』

というエッセイを書いた。日本建築協会『建築と社会』2015年8月号である。

難問であったのでそもそも「価値」とはなんぞやからはじめたのだが、建築の歴史的価値、芸術的価値などはまずからくりとして理解しなければならないと指摘し、最終的には建築的価値というありそうでない概念を構築できるやいなや、と問いかけた。

総論を書かせていただいたが、基本的には、各論を書かれた先生方ともおおよそ同意見であるか、すくなくとも方向性は同じであった。

文化遺産の世界では歴史的価値によって建築が評価される。それはそれでよいと思う。しかし本質的には、それはまやかしでなければ一時しのぎであろうと思う。なぜなら建築の歴史的価値という場合、その「歴史」はどのように解釈されるか、定義されるか、じつはあいまいである。さらにいえば、歴史と現代をそのように分断することが、これまた本質的に、建築にとっていいとは思われない。つまり歴史と現代をきびしく区別するのは、典型的な近代的思考であり、その近代的思考がなされるのは、近代が歴史を淘汰したという負い目であるという、トートロジカルな構図があるからである。

単純化するとこうである。近代は、みずからを近代以前とは切断して考えた。分離、である。過去と歴史の制作である。そうであれば歴史によって近代という切断はあがなえるか。原理的に、それは不可能である。なぜなら近代という切断により、近代的な歴史観は成立しているからである。近代がみずからの誤りを修正しようとするとき、まさにその誤りそのものを根拠にするからである。

そういう意味で、芸術は芸術的価値によって判定される。シンプルに。そのように建築が建築的価値によって判定される、そのようなことがどうしたら可能になるかを、想像しなければならない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »