« 2014年の記事 | トップページ | 山本理顕『個人と国家の<間>を設計せよ』第二章 労働者住宅 »

2014.02.07

鈴木博之先生

去ってしまった彼について考える。

彼が教授に昇任したとき、助手であったぼくはまったく純朴に「おめでとうございます」と申し上げた。彼は黙って笑っていた。

彼はコミットメントする建築史家であった。それが本質であった。それ以外にはない。

建築史は、建築の現在と現実を含んでいながら、よりおおきな枠組みによって、それらを相対化することである。そうして現在と現実を相対化し、それを超越することである。しかし超えるといってもデタッチメントではない。よりよいコミットメントのためである。

建築史家としてのコミットメントは、いろいろな形態があろう。保存というバイパス。ヴィオレ=ル=デュクがそうであった。コンペの審査員という手段もある。伊東忠太がそうであった。国や自治体の委員という手段もある。批評ということも有効だ。

しかし個別研究に没頭することがコミットメントでないとは思わない。歴史ビジョンにより、建築に関わる人びとに理念をつたえ、それをとおして現実をかえていくのは、間接的だとしても、立派なコミットメントである。建築史に埋没しながらも、現実にコミットメントできるはずである。だからそのほかの建築史家は彼のようなコミットメントはしないであろう。

しかし、彼はある意味で建築史学を超えようとした。コミットメントのために。より直接、建築にコミットメントするために。そのためにあえて人脈を構築した。あえて権力を求めた。おそらく建築史以外の人びとは、それがゆえに、賞賛するであろう。しかし建築史の人びとは、賞賛するにしても無条件ではないであろう。

彼はコミットメントするために、あえて建築史から距離をとったと、ぼくの目には映る。「あえて」そうしたのであった。そしてそのことを背負ったのであった。

この「あえて」が彼の本質であった。だれもができることではない。ただそのことによって彼は苦悩していた。その苦悩は、建築史の人間にとっても、建築家たちにとっても、どうすることもできない、いや、気づくことさえできないようなものであった。

彼は絶望していた。ふかくふかく絶望していた。日本ロマン派を自称する彼は、自覚して自暴自棄にふるまった。だから権力志向であった。ときに偽悪的にみえた。たんにそうであったにとどまらない。日本の歴史の古層にある通奏低音のような精神が、彼のなかに生きていたのだ。

しかし、あえてそうしたということ、絶望していたということ、によって彼は支えられていた。絶望こそが彼のエネルギーであった。絶望ゆえにコミットメントしたのだ。それは逆説的でもあり、悲劇的でもあった。それは希有なことであろう。不純、偽悪、矛盾、力まかせ、などを含みつつ、それが聖なるものに昇華してゆくさまが、ぼくには見える。

|

« 2014年の記事 | トップページ | 山本理顕『個人と国家の<間>を設計せよ』第二章 労働者住宅 »

コメント

やはり松永さんが言われるように、「(日本の)卑小な権力構造に埋没してしまったところに悲劇が生まれたのです。」だったのではと思います。私としては政治権力に縛られることなく、師の稲垣栄三が目指した、アカデミックな世界の建築史家になって欲しかったと思います。今回の新国立競技場の件が物語っています。

投稿: | 2014.02.08 08:39

やはり鈴木博之さんには、最後は小川治兵衛ではなく、『建築の世紀末』の続篇を書いて欲しかったですね。

投稿: ユーイチ | 2014.02.08 16:41

小川治兵衛論は、庭と別荘がいかに政治的な道具であったのか、滔々と論じたもので、鈴木さんの政治学、権力論の総括としては、面白かった。小川治兵衛の策定の特徴には関心がないことも甚だしいし。実物への思いが全然ないので、ちょっと驚いた。

投稿: | 2014.02.09 01:58

政治音痴の建築家、建築史家の世界では、鈴木さんはやっぱり圧倒的だったのではないですか? だけど、政治権力に近づいた鈴木さんは、権力を行使したくなって、三菱一号館にコミットした。太田博太郎とか稲垣栄三とか松山巌とかとは、全然違う世界に行ってしまった。

投稿: | 2014.02.09 02:25

政治音痴の建築家、建築史家の世界では、鈴木さんはやっぱり圧倒的だったのではないですか? だけど、政治権力に近づいた鈴木さんは、権力を行使したくなって、三菱一号館にコミットした。太田博太郎とか稲垣栄三とか松山巌とかとは、全然違う世界に行ってしまった。

投稿: | 2014.02.09 02:27

吉田健一の読者として鈴木博之と絶望を共有していると勝手に思い込んでいた私は、彼を避けて横山正のところに行ったが、そこには別の理由で鈴木を避けていた五十嵐がいた。その後五十嵐は絶望なきコミットメントを生き続け、私はといえば近代建築を絶望的な永劫回帰として生き続けているというわけだ。いずれにしてもそこには、鈴木博之がいた。

投稿: | 2015.11.02 19:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/424713/54889939

この記事へのトラックバック一覧です: 鈴木博之先生:

« 2014年の記事 | トップページ | 山本理顕『個人と国家の<間>を設計せよ』第二章 労働者住宅 »