« ラブルースト展 | トップページ | 庄司紗矢香のコンサート »

2012.10.21

研究室20周年記念パーティ

・・・を開催していただきました。ありがとうございました。

 1992年に赴任してきてまる20年たった。正確には21周年という計算なのだが、まる20年経過したということでの記念パーティである。昨日は福岡でやった。11月は東京で開催します。
 地方の国立大学という恵まれた環境であり、卒論生の1研究室数人と定員がきまっているので、交換留学生いれても、OB+現役学生数はおそらく120名ほどであろう。名簿作成、お願いします。ぼくも調べてみます。名誉研究室メンバーとして、飲み会のみにきていた学生(OB)、ゼミの聴講学生もうけいれているのは当研究室の伝統である。
 ひさしぶりに会ったOBたちも立派になり要職にもつき、たいへん頼もしかった。公務員、自営建築家、デベロッパー、設計デザイン事務所勤務、メディア関係など、違う方向で仕事をしている違う学年のOBたちが、おなじプロジェクトでコラボしていて、同じ研究室であったと事後的に気がつくなどということで、しっかり社会をドライブしているではないかなどということが、たいへん立派なことだと思えた。
 OBたちは中年にさしかかっても学生時代の面影は消えないもので、すぐわかった。ただひとりだけ、ジョギング効果で体型が良くなり、あごが細くなった人は、わからなかった。これはいいことである。
 4次会までやっていただいた。すごいカラオケ・パフォーマンスのママのいるバー、しゃれた仮装バー、など社会見学もできた。(もと)学生に連れてってもらって、逆転状況をたのしめるのも歳をとった役得であろうか。
 OB会はバーチャル研究室として展開しようというようなことになった。facebook研究室はいま70人ほど登録で、100超えをめざす。O壕公園でのOBジョギング会を開催する(現役学生もOKです)。現役学生ゼミあとの映画鑑賞会を開催する、などである。飲み会も適宜やる。
3回スピーチしたので、自分の教育者歴を回顧・反省する機会でもあった。
 自分が学生だったころ、極端な個人主義の研究室にいた。修士2年間で、ゼミ1回、教員室での指導1回、修論発表会1回の計3回しか指導してもらえなかったのだが、大人扱いしてくれたということでもある。自分が研究室をもっても、ゼミこそは定期的にやるのだが、自由主義路線しかしらないし、教えてもらったことを伝えるしかない。教育者としての訓練はうけていなくて、自分勝手な確信のみにもとづいてやってきたので、本質論的には教師としての成績はBかCかもしれないが、OBがみんな立派になっているので、学生のおかげで結果論的にA評価なんだと思っている。
 それから学科の特性もあって、自分のクローンを養成するところではない。教員(建築史)と学生(設計)は分野が違うということがベースである。だから自分を基準としない。しかし自分の目のまえにいる学生の、可能性、特性、強みを必死でわかろうとすること、それが教師の仕事とおもってきた。この点は揺らがない。これは建築批評においてこの建物はなにが可能性か、と分析することとすこし似ている。
 20年はいろいろ意味があって、式年遷宮、歴史60年/40年周期説などが20年がベースになっている?、経済循環20年説、産業盛衰20年周期説、学問パラダイム20年周期せつ、いろいろである。
 たまたまだが赴任した1992年は、グローバル化元年、新宗教事件・震災・WINDOWS95の3年前、といった時期である。なにしろ1992年ころは原稿をフロッピーにして東京に郵送していたので、いまからすると旧石器時代であった。そろそろ大きな変化がくるであろう。20年周期の節目がくる、それを危機感・緊張感もすこしはもって待っているような気持ちもある。
 個人的な20周年の意味はなにか?大学在職はあと数年そこそこだが(第4コーナーをまわったよ、とみんなには話したのであったが)、定年退職にたいした意味はない。自分のやりたい研究を考えたら、もう20年はかかる。すると今は、マラソンの折り返し点ということでいいのかなと。となりに東京マラソン抽選にうかったというOBがいたので、そんなこともみんなに言ってみた。

|

« ラブルースト展 | トップページ | 庄司紗矢香のコンサート »

コメント

突然訪問します失礼しました。あなたのブログはとてもすばらしいです、本当に感心しました!

投稿: グッチ バッグ | 2012.11.18 21:59

こんにちは、20周年パーティではお世話になりました。
今月初めにNAHAマラソン完走して参りました。
約25,000人中3300番台となかなかの健闘であったと自画自賛?しております(笑)
大濠公園jogに参加したいのですがfacebookにたどり着けず...メールいただけると幸いでございます。

※先日先生に教えていただいたアドレスにメールを送りましたが、自分の携帯がメールフィルターをかけているため、もしかしたら返信を受信できなかったかもしれません(ごめんなさい!)

投稿: みつます | 2012.12.13 18:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/424713/47533675

この記事へのトラックバック一覧です: 研究室20周年記念パーティ:

« ラブルースト展 | トップページ | 庄司紗矢香のコンサート »