« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月の2件の記事

2012.09.28

谷口吉生《鈴木大拙館》

「新建築」9月号に掲載されていたので、注目してみた。池と建築を一体化した、ミニマリズムと表現するのは短絡にも思えるような、すばらしい空間構成と動線計画である。大拙の哲学世界に没頭したのちに、水面を眺めながら、いや周囲を水にかこまれたたただなかに身をおき、瞑想する。それは大拙をとおして自分の内面にたちもどり、自己自身の世界をしかし客観的・瞑想的に観照することなのだが、それが一種の彼岸の世界であるかのように構想されているのである。

谷口吉生の作品では上野にある法隆寺宝物館が印象的である。なぜかというと浄土庭園の構図そのままであるからだ。昨年、学生を引率してほぼ30年ぶりに法隆寺を見学したが、その裏にあるミュージアムは擬復古調の和様様式であったので、おなじ法隆寺でも皇室をとおして国民が鑑賞できるものは、日本的にしてインターナショナルなモダン様式、そのままの場所におかれたものは擬歴史様式というわけで、この違いを説明するなにか上位の枠組みがあるのではないかと思えた。

昨年は宇治の平等院、今年は浄瑠璃寺をみたが、後者は建物のスケールはそこそこであったので、まさにこれはランドスケープであり、建築はどうもみてもフォリーの扱いだなと思った。日本建築の解釈としては、昭和になって茶室が日本的なものとして浮上したが、それまでは日光東照宮であったりこの平等院であったりするが、東照宮はそののちランクをすこし下げたが、この浄土庭園の系統はそうではないようである。水/建物、自然/人工、此岸/彼岸という二元論がある意味普遍的であり、西洋でも理解しやすいからであろう。

だから1893年にシカゴで開催された博覧会では、平等院のような日本館が建設され、ライトがそれを見学してますます日本文化に関心をいだくようになる。浄土庭園は日本的なものを代表するイコンであった(10円コインの裏側をかざる装飾でもあった)。

そのシカゴでは同じ1893年に「シカゴ万国宗教会議」が開催され(おそらく万国博の企画の一部であったのではないか?)、そこで鈴木大拙が禅文化をアメリカに紹介し、それが国際的に禅がひろまったきっかけであったというようなことが、磯前順一『宗教概念あるいは宗教学の死』(2012)でふれられていた(pp.132-133)。この書は高揚感をもって読めたひさしぶりの文献であった。近代日本において形成された「宗教学」が一種のメタ宗教(学)であったことを力説している。つまりキリスト教、(宗教ではないが)マルクス主義といった大文字の思想がはいっているのにたいして、仏教、神道などをどう位置付けていくか、しかもそれがたんなる宗教の問題をこえて、日本の近代国家や近代個人をどう確立してゆくかという問題のなかで、「宗教学」とは土着のそして外来の諸宗教の上位に、だから一種のメタ宗教(学)として機能することが期待され、そうすることで内外を調停しながら、日本のアイデンティティを保証してゆくという壮大な思想構築なのであった。

1893年シカゴ万国博。

それを出発点として「禅」が世界にひろまる。さらにはそれが日本に逆輸入される。大拙は『禅と日本文化』をまず英語で書き、それが日本語に翻訳されることで市民レベルでの禅理解ができる。

それを出発点として、浄土庭園=日本的デザインが世界に広まる。ライトの旧帝国ホテル、磯崎新のチームディズニービル、谷口の法隆寺宝物館の系統ができる。

ついでにいうと親鸞の浄土真宗が、個人をその内面に還元することをめざしたという点では、プロテスタンティズムに相当するという宗教観もまた、このシカゴ博あたりかららしい。ぼくは奈良盆地の寺内町である今井町に学生を引率したとき、そういう個人内面指向の宗教が、資本主義を生み、都市を生み、そして近代を生んだというようなことをいおうとしたが、いかんせんぼくは歳をとりすぎていて、なぜかそれはいわないままにしたのだが。

だから谷口吉生が鈴木大拙館を設計することは、たんなる偶然どころか、ほとんど必然であって、そこに近代における変わらぬ構図と問題の核心があるように思える。谷口建築の、静謐な空間。しかしそれは短調さに陥らず、そのなかに深みと精神性と、人間を内省に導く力があることはほとんど説明なしに了解できるもののように思われる。ただそこにまさに「日本的霊性」が空間として実現されているのであろうし、それがなにかのかがまだ完全には解明されていない、いや解明すべきというより、さらに次元を上げて措定されるべき問題として、立ち現れているのではないだろうか。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.09.23

奈良でジョギング

ジョギングというのは合法的な麻薬であり、脳内物質が分泌されるそのハイ状態に達するコツを学習してしまうと、健康のためというより密やかな悦楽にちかくて、なんか後ろめたいなあ。

ジョグ環境は大切。自宅周囲では数種類のコースを用意している。たとえばO公園は一周2㎞の有名なコースで、これはこれでぼくのメニューのひとつであるが、月に一回ほどしか走らない。結局、ほとんどベストコースであるM海岸沿いを走る。なにしろ海と松並木があるのだから、これはもっとも恵まれたコースのひとつであろう。アーティフィシャルな環境で、埋立の砂浜、高層ビル、高層マンション、戸建て住宅地、松林、ビーチバレー、水平線、夕日・・・・すべてが人工的なわざとらしい空間なのだが、じつはジョギングには最適であると感じている。うそっぽい空間はそれはそれで好きなのである。

ああとめどもなく脱線してしまう。

最近、奈良市内を2回ジョグした。

一回目は50分で7.5㎞ほど(スロージョギングである)、いわゆる奈良町をおおきく取り囲むコースであり、グリッドに沿っておもに市街地を走った。グリッドは均質だが、けっこう傾斜は急であり、旧奈良町における棲み分けをいまだに反映してか、そもそも昔から微地形が都市の生態系に影響をあたえたか、標高の高い地区にはリッチな戸建て住宅が多く、低い場所には住居+商業混在建物がおおいことに気がつく。歩く2倍ていどのスピードだと、おおまかな観察ができる。町歩きのスピードに比例して、観察のレイヤーも違うのである。

二回目は60分で9㎞ていど、市街地半分、奈良公園半分であった。一の鳥居から春日大社に途中までアプローチし、暗くなったので引き返し、興福寺あたりを細やかに走る。鹿が多いので注意はしていたのであるが、暗がりのなか、10頭ほどがいっせいにダッシュするのは、正直、迫力である。そんな鹿たちは車道という概念がないので、平気で横断し、一頭が、すぐ目の前で、車にはねられた。運転手の悲鳴まで聞こえた。ただ直前の急ブレーキがよかったのか、鹿はなんとか立ち上がって移動したようで、道上に鹿がころがっていたようなことはなかった。

あとで調べると、奈良公園をジョギング中に鹿に襲われて亡くなった人もいたそうで、ああ怖い。もうしません。若い頃、中近東の古代遺跡を見学中、狭いところで巨大な牛とすれちがったり、レンタサイクルで移動中にどう猛な犬においかけられたり、テロや戦争も怖いが、動物もそうである。

走って感じるのは都市のスケール感であろう。古代ローマの計画的都市は体感的なスケールはむしろ小さい。街区ブロックもコンパクトである。それにくらべると平城京や平安京はむしろ茫洋としているが、じつは走るのにはあっているということがわかった。1分で150メートルていど移動するスロージョガーにとって、500数十メートルというのは飽きのこないスケールなのである。フランスの17世紀あたりの庭園では、運河やテラスなど、1.3㎞から1.7㎞あたりのスケール感で設計されているのがわかる。フランス式庭園だと10分が単位のランということで、これは快適なのかな?歩いた経験では、あれは馬車や馬のスケールなのであったのだが。

なぜ奈良かというと、去年からちゃんとした古建築見学ツアーということで学生を引率しているからである。20年ぶりのお仕事であり、今回も慈光院、大神神社、当麻寺、浄瑠璃寺、東福寺など生まれてはじめて見るものも多く、清水寺の修理現場などもよかったし、引率しているというより引率される方なのかもしれないが、脳のなかのいつもとは違う場所をつかうということはとてもいいことである。カウントダウン的年齢に達したので、計算すれば簡単で、教育者として気合いいれて日本建築をみるのはあとマックス20日ていどであって、一日々々を大切にしよう、と思ったりする。

それはそうと見学ツアーのあとは、むしろ軽いジョギングをしたほうが疲れはとれることはわかったが、鹿にも車にも襲われず、見どころも計算したジョグコースのスタディというのは、それはそれで都市リーディングではある。WEBでしらべると、旅ランというらしい。詳しい人も多いようだが、後発のぼくとしては、とりあえず京都、パリなんかを征服したいものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »