« 『モダニズム建築って何?』 | トップページ | Global Ends/漂流する建築? »

2012.02.11

マルセイユのユニテ・ダビタシオンで火災

1641557_6_499e_laciteradieuseamarse

WEB版のルモンド紙やモニトゥール誌によると、現地2月9日午後に火災は発生したようである。(記事は2012年2月10日の11時16分のもの。)

1995年に文化遺産となったこの建物は2004年にもすでに火災を起こしているが、その時は2戸が被害を受けたようである。

今回はまず午後に火の手があがり、3戸が被害をうけ、いちど鎮火したが、21時頃ふたたび火事となり、焼失は8戸ということだが、複数階が火災にあい、煙による損害などをふくめて、規模はまだ確定していないようである。

新聞では事件の事実を淡々と伝えているが、専門誌では、出火源、断熱材、避難などの問題をチェックしていた。保存×近代建築×災害(火災)は重要な課題であるので、議論もされるようになるかもしれない。

|

« 『モダニズム建築って何?』 | トップページ | Global Ends/漂流する建築? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/424713/44075591

この記事へのトラックバック一覧です: マルセイユのユニテ・ダビタシオンで火災:

« 『モダニズム建築って何?』 | トップページ | Global Ends/漂流する建築? »