« 南明日香『荷風と明治の都市景観』 | トップページ | レム・コースハース『プロジェクト・ジャパン』 »

2011.10.31

寺松康裕さんの講演会

元新建築編集長である寺松さんを大学にお呼びして、講演会を開催した。

20世紀全般を説明しながら、そのなかでポスト・モダンさらには谷口建築を論じるというおおがかりなもので、編集者にしか知り得ないような逸話もすくなからず紹介していただき、面白かった。

レーモンド、坂倉準三の戦前のプロジェクトは、写真もきれいで、雑誌に掲載されたレゾリューションの悪い写真とはけたちがいに、なまなましい迫力があった。

いろいろ面白かったが、これはここだけの話しかなあ、いろいろなところで話されることかなあ、など判断できないので、すこし控えめに報告するのだが。丹下健三など戦前の建築論は圧倒的にドイツ観念論の影響下にある。などということがあらためて強調される。すると寺松さんやぼくの世代は、どうみたって構造主義を中心とするフランス現代思想のやはり圧倒的な影響下にあったのだな、と。するとそのあいだにマルクス主義があるのだろう。さらにはフランス現代思想のあとは、ニューアカ、カルスタなどがつづくのであろう。ただそのあたりになると思想というしっかりした輪郭はないような気がする。するとドイツ観念論→唯物論→(実存主義?)→フランス現代思想→???という20世紀の流れが、建築界にも影響をあたえていた。課題は、思想界と建築界の相関関係?のようなものであろうか。

フィリップ・ジョンソンの悪魔的なところなど学生たちは知らなかったようで、驚いていたようであった。亀倉雄策による表紙のこと。また谷口親子の創作秘話など、面白かったようである。

夜は大名にある某鮨屋でおもてなし。建築アーカイブ、建築博物館あたりのまじめな話からはじまって、メタボリズム展など、最後はだれがどうした話になる。二次会はバクという70年代ジャズ喫茶風の店でウイスキーを。おおいにもりあがった。

余談。

週末は半日かけて、自宅の書架(棚の総延長10メートル)、台所棚、オーディオ・ラック、ITラックを自作して整備。ちかくの材木屋に裁断図をわたして、納入してもらってから自分で組み立てる。今回はボンドをいっさい使わず、ビスだけで固定する。それができると書籍やCD、DVDの整理整頓。

日曜の夜は情熱大陸(重松象平さん)をみる。彼は優秀な人材なのだが、いかんせん取材側が建築をわかっていなかったので、質問は的外れ、彼の建築観や都市観は伝わってこず、途中でスイッチを切ろうかとなんども思った。

翌日、同僚たちとランチ。情熱大陸のそのことを話したら、情熱があればいいのですよ、とたしなめられた。facebookでもみんな肯定的であった。どうもぼくの反応はよろしくないようであった。西沢さんの新建築巻頭論文が面白かったという話題がきっかけで、サスキア・サッセン、貧困産業、経済のスラム化、シェアハウス、日銀の政策、森本卓郎の200万円論などの関連話題がでてきた。時代はかわった。

|

« 南明日香『荷風と明治の都市景観』 | トップページ | レム・コースハース『プロジェクト・ジャパン』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 寺松康裕さんの講演会:

« 南明日香『荷風と明治の都市景観』 | トップページ | レム・コースハース『プロジェクト・ジャパン』 »