« シンポジウム『パリという首都風景の誕生』 | トップページ | 南明日香『荷風と明治の都市景観』 »

2011.10.20

International Conference on Green Urbanism 2011

(English version below)

という国際シンポジウムのためにマニラにいる。

シュテフェン・レーマン教授という「グリーン・アーバニズム」の提唱者をキーパーソン・キー講演者にすえて、都市や建築やインフラを多角的に論じるものである。日本とフィリピンの研究者たちのほか、多国籍パネラーたちによるテンポのいい語りが印象的であった。聴衆にも大学教員や研究者や行政の人たちなど専門家が多く、質疑応答も活発であった。

レーマン教授は20年ほどまえにしばらく磯崎事務所で働いていたそうで、知日派・親日派であるようだ。お声をかけていただいたが、磯崎さんの話題でもりあがった。

どのシンポジウムもそうなのであろうが、質疑応答というものは、予想と実際がずいぶん異なる。質問をする専門家たちは、なによりも現状への不満、政治家への不信、状況の困難さを訴える。シンポジウムはガス抜きとして機能する。ただマニラでは、それらも明るくカラッとしていて、なにか祝祭的である。、

ぼくは立場でやってきたにすぎなかった。なにしろ1カ月前に出張がきまったが、どういう会議でどういう内容か、知らなかった。しかしシンポジウム開催者である2大学の一方の代表ということで、研究発表はしなかったが、講演者全員に記念と感謝の楯を手渡すという儀式を午前のセッションと午後のセッション、2回おこなうこととなった。これも会議が始まってから知らされたことではあった。しかし国際親善をし、自分の大学を宣伝するという効果は大きかったと思われる。

フィリピンは初めてであったので、会議をぬけだして1時間、2時間のエクスカージョンをする。フィリピン大学の先生に車と運転手を提供していただいた。あちこちいったといいたいが、なにしろ交通渋滞がひどく、ゆく範囲は限られていた。ただそのこと自体がここの都市の課題であって、なにからなにまで勉強になる。

都市のカオティックな様相などにいまさら驚く歳ではないが、マニラという都市は、スペイン支配時代の旧市街地はすこしばかり歴史性を感じるが、そのほかは歴史性は希薄である。近代都市というくくりもないではないが、19世紀が決定的に乏しい。インドなどでは植民地支配は19世紀からあって、そのため19世紀の折衷主義の建築としてかなり立派なものがずらっとならんでいたりする。そういうところでは植民都市もそれなりに威厳と深みがある。マニラにはどうもそれに相当するものがない。

グリーン・アーバニズムであるが、「都市計画のコンセプト」という括りでみると、面白いかもしれない。1世紀前には田園都市という概念があったわけだが、これは19世紀都市の諸問題という時代性をよくとらえていて、汎用性のあるモデルを提案していた。コンパクトシティ、ニューアーバニズム、エコタウン、クリエイティヴシティ、ナレッジリージョンズなどなどの概念も、それまでのモデルを批評し、代替案を出すというきまった手法がみられる。またこれらには共通する部分もかなりある。そうしたなかで「グリーン・アーバニズム」が存在感を出すには、なにか戦略が必要かもしれない。フィジカルな完成型をあえて出していないところは、より汎用性があるかもしれない。

夜はフィリピン大学の先生たちと夕食をご一緒して、これから共同でいろいろやっていく約束をした。実質2日間のステイであったが、とても実り多かった。

 In this International Conference on Green Urbanism 2011 held in Manila, having Professor Steffen Lehmann, an advocate of green urbanism, as a key lecturer, we discussed city planning, architecture and infrastructure issues from different points of view. Besides the Japanese and Philippino researchers, the multi-national panelists gave well-articulated presentations. There were many experts including university teachers, researchers, and administrative people in audience, who raised many noteworthy questions that warmed up the discussion.

 For having worked for Arata Isozaki in Tokyo about 20 years ago, Professor Lehmann seemed to be pro-Japan, who kindly asked me to join conversation with him, and we shared many topics around Mr. Isozaki.

 

As it is the case with many symposia, the session called question-and-answer turned out to be very different from one's expectation. The experts asking questions to the panelists complained their dissatisfaction to the present conditions, their distrust of politicians, and difficulty of the situations above all. The symposium seemed to function as to give vent to one's grievance. Even so, when it comes to Manila, these grievances are never gloomy, instead, I found a good-humored, almost celebrational atmosphere there.

 

I was there in Manila as the vice-dean and the trip was planned only a month ago, and I was not even informed of the themes and contents of the meeting then. However, as a representative of one of the two universities hosting the symposium, for each session in the morning and in the afternoon, I performed a ceremony to hand all the lecturers the shield of memory and thanks. It was a sort of promoting international amity, and may have some effect to promote my university as well.

 

For it was my very first visit to The Philippines, I sought to make some short excursions to downtown during the meeting.

 

The local professors kindly offered us a car and a chauffer. To my disappointment, the traffic jam was so heavy that our excursion was limited to a very small area. But this traffic jam itself is one of the problems of the city, and it gave me a good study.

 

I am not so young to be surprised at in the chaotic aspects of the city now, but I found the city of Manila as a whole, besides the former city area under the Spanish regime, scarcely embraces a sense of history. There may be some characteristics of modern city, but the 19th century left few traces. As in Philippine, there was the colonial rule in India from the 19th century, but the difference is that there we find considerable amount of buildings today bearing eclectic architectural legacy of the 19th century. In such colonial city still remain a kind of dignity and richness, but for some reasons, in Manila the situation seems to be different.

 

Green urbanism may be interesting issue as this notion may be seen in scope of "concepts of city plannings". There was a concept called the garden city a century ago that captured the contemporary nature of the problems of the city in the 19th century and suggested a universal model for the coming era. The concepts such as compact city, new urbanism, eco-town, creative city, knowledge regions always serve to deny former models, and they all seek to explore alternative plan. Moreover, they overlap each other. Thus, the green urbanismh may need a certain strategy in order to become an effective model. However, for not having completed form, it may have more versatility than other models.

 

At the end of the trip, I joined the dinner table with the faculty members of the Philippine University, where we reached an agreement on our academic collaboration. Although it was just a 2-day stay, we both had a fruitful result.

|

« シンポジウム『パリという首都風景の誕生』 | トップページ | 南明日香『荷風と明治の都市景観』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: International Conference on Green Urbanism 2011:

« シンポジウム『パリという首都風景の誕生』 | トップページ | 南明日香『荷風と明治の都市景観』 »