« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月の3件の記事

2011.08.20

白井晟一の建築は母性原理かどうか

MAT Fukuokaという建築見学ツアーで、講演をした。

代表作、年表をパワポで説明したあと、これまで白井晟一はどのように語られてきたかの、やや独断的なレヴューをする。

磯崎新の『凍結した・・・・《晟一好み》の成立と現代建築のなかでのマニエリスム的発想の意味』(1968)はマニエリスム論の、磯崎新『破砕した断片をつなぐ眼』(1978)はバロック論の展開である。同『フラッシュバックする白井晟一』(2010)は「書」をとおしての分析であるし、非近代的アナクロニズムとしての建築家を描いている。

白井昱磨『「原爆堂」を読む』(2010)はこのモニュメントの神聖さの由来の解釈である。松隈洋『白井晟一の見つめていたもの』(2010)は、アナクロニックな白井晟一とモダンな前川国男のパラレルストーリーである。布野修司『虚白庵の暗闇』(2010)は、日本近代を相対化するための梃子として白井晟一を位置づけようとする。

本質的なおもしろさと自分にとってのおもしろさはかならずしも同じではない。今回は長谷川堯『呼びたてる〈父〉の城砦』(1972)が興味深かった。長谷川は、白井の建築のなかに父性をみようとするからであった。「建築が成立してはじめて人間が存在した」という。建築とその空間は、人を人たらしめ、父を父たらしめ、王を王たらしめる。自邸《虚白庵》はそのような建築であり、そこにあって白井は、その父の「子」なのであった。そして原爆堂もそのような父の建築なのであった。原爆堂は高熱によって蒸発してしまった犠牲者たちを呼びたてているのであった。

1970年代の建築批評にあって、雄的/雌的、明治的/大正的といった二元論を構築した長谷川堯の批評はたいへん刺激的であった。この「父」論もその熱気が感じられた。

ぼくはぎゃくに「母性原理」が説明できるのではないか、と思ったからであった。

白井晟一は1928年から1933年までヨーロッパに滞在し、ゴシックの大聖堂をときどきはみていた。

その10年まえ、バタイユは『大聖堂La Cathédrale(1918)を書いている。第一次世界大戦に出征したフランス人兵士を見送り、敵によって殺された同国人たちを見守り、そして自身もまた放火され破壊された、聖母に捧げられたランス大聖堂。「たとえ廃墟になっても大聖堂は我々のなかで、死にゆく者のための母親として在り続けるだろう」。母なる大聖堂の光のなかで人びとは埋葬されている、と書く。

さらにその20年前、ユイスマンスは『大伽藍 La Cathédrale(1898)を書いている。シャルトル大聖堂ほど「聖母がかくもまでも深く礼を尽くされ、かくまでも溺愛され、かくまでも完全に一領土の支配者として公認されている場所があろうか。」「この大聖堂は聖母の寝所たる特権を有する。」

ユイスマンスはまた、ゴシック=森のアナロジーにふれ、ドルイドやゴート族に遡及できることを示唆し、聖堂=船のメタフォアにも言及し、無原罪のマリアをも強調する。つまり聖なる意識の中身において、現代人はそこからそれほど遠ざかっていない。

メンタリティの歴史を解明するのは容易なことではないし、聖母崇拝もまたどこまで普遍的なのか近代的なものであるのか、自明ではない。しかし、聖母崇拝はいろいろな時代と地域にみられるといっても、大聖堂を母性原理でよみとくこのような心性は、ロマン主義の時代にも類例はほとんどないのであって、すくなくともユイスマンスやバタイユが、大聖堂に母性原理を見いだしたことは、たんなる紋切り型でもないであろう。

白井晟一がヨーロッパのゴシック大聖堂を見たのはユイスマンスやバタイユと地続きの時代なのであって、彼がユイスマンスやバタイユの著作を読んだ可能性はほとんどないしにても、大聖堂のなかに母性を感じ取っていたとしたら、それはまさに同時代的感性においてであったのではないか。

そして原爆堂、親和銀行コンピュータ棟などは母性原理でできた建築だと解釈することはそれほど唐突なこととはおもわれない。

それにしても川添登はいつ新建築社をやめたかなどに詳しい学生もいた。オーディエンスを甘めに想定していたことは反省点。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.08.10

アラン・リピエッツ『サードセクター』2011

最近出た翻訳である。副題は「新しい公共」と「新しい経済」である。

最近日本でも政府が「新しい公共」などといっているが、こちらは10年前からヨーロッパで提唱されてきたものの紹介である。つまり公共セクター(大きな政府)もダメ、民間セクター(市場原理至上主義の新自由主義経済)もダメという今の状況のなかで、第三の道、つまり社会の自己組織力、コミュニティが社会的なつながりを再生させることにかかわるすべてのこと、にかかわるのがサードセクターである。これは日本のいわゆる三セクとはまったくちがう。

訳者は解説のなかで、東日本大震災のことに言及しながら、国も企業もまったく対応できない状況の中で地域社会の自己組織力が問われていると指摘しているし、さらにはうしなわれた二〇年を経験したあとでも、やはりおなじような結論であろう、と指摘している。

著者はEUのかつて政策立案担当者であり、その実践のなかから本書を書いている。

専門が違うので、批判的に読めるわけではないが、ぼくなりにいろいろ面白い点があった。ひとつは歴史的なパースペクティブを与えてくれること。フランス革命のときにル・シャプリエ法ができて国家と市民のあいだのすべての中間団体が禁止されたが、家父長的家族などというものはじつはさらに強化されていたので、通説をうのみにしてはいけないという指摘。フーリエの情念や友愛といった思想も、アトム化した社会の中で人と人との絆を再構築しようとした思想であったという指摘(これはぼくの理解と一致していた)。さらには1901年のアソシアシオン法によって行政の許可なく市民的連携を構築することができるようになったこと。

さらにいえば1901年法は、1905年の政教分離法とも連動していて、宗教団体が社会貢献するものと位置づけられるようになった、という指摘もなるほどである。当時はそういう宗教団体が、低所得者むけの住宅供給などのプロジェクトに取り組もうとしていたのである。

20世紀は大きな政府的になって、社会福祉政策が充実したので、日本からみると19世紀がどうもよくはっきりしない。19世紀のユートピアはほとんどすべて失敗したということになっているが、でもものによっては、賞味期限をすぎた、役割を終えたというのが実際であって、そうそう失敗と決めつけることもないのではないか、という気がするのではあるが。

19世紀はむしろ、21世紀から回顧することによって、その意味がはっきりするような気がする。大胆な仮説なのではあるが、そんな方向で思索してみたら面白そう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.08.09

原聖『<民族起源>の精神史』と中本真生子『アルザスと国民国家』

フランスの地域にもすこし興味があるのでブルターニュ(原聖『<民族起源>の精神史』2003)とアルザス(中本真生子『アルザスと国民国家』2008)を読み比べてみた。

ブルターニュはもともとブルターニュ公国であり、女公アンヌの時代にフランス王国に併合された。背後にあるのは力の論理かもしないが、すくなくとも法的手続きにしたがってなされた併合であった。絶対王制時代の法制度については、専門家しか興味がないのであろうし、ぼくも断片的にしか知らないが、おもしろいのは高等法院の存続であって、パリ高等法院がフランス王国の最終審ではあっても、ブルターニュ高等法院はブルターニュの最終審でありつづけた。だからブルターニュはそれ固有の最終審をもちつづけ、司法上の独立性を継続できた。しかし1675年の印紙税一揆の際には、国王は断固たる処置をもってのぞみ、ブルターニュ高等法院をレンヌ外に移転させたのではあるが。だから地域の独自性の主張というのは、社会的、制度的なものであった。

しかし近代になって考古学・歴史学が発展し、ガリア、ケルトといった概念が登場すると、こんどは民俗、文化、言語、宗教などを根拠として地域の独自性が主張されるようになってくる。このあたりは素人にとってはこみいっていて、本書を読んでくださいというしかないが、19世紀における地方での民俗学・考古学関係の学会の成立というようなことがそれに整合しているという指摘はもっともである。

アルザスの歴史はすこしはしっているつもりであったが、『アルザスと国民国家』では豊かなマテリアルが示され、説明されている。この地域は、アルザス語が話される独自の地域であったが、ブルターニュほどの独立性はなかったようでもあり、とくにウエストファリア条約以後はドイツ領になったりフランス領になったり、苦難の歴史を歩んだ。本書も内容豊かなので、要旨というより感想を述べるだけではあるが、アルザスとしてのアルザスが成立しないことに不幸があって、つねに「フランスとしてのアルザス」か「ドイツとしてのアルザス」なのかであり、そのようにしか選択肢がない。言語的には、アルザス語、フランス語、ドイツ語の重層構造なのであって『最後の授業』にあるのは、学校教育から排斥されたフランス語という、ごく限定されたものであったことなど。アルザス人が、フランス人としてあるいはドイツ人として軍役にふくすかで、戦争責任のありかたが問い直されるなど、悲劇的である。

ミッテラン時代にできた地方分権制における地方圏(州)の区分は、ほぼ革命前の地域区分を踏襲していることはよく指摘されるが、18世紀から21世紀にワープするとむしろいろいろなことはよく見えてくるような気もするが、では逆に、19世紀・20世紀の近代とはなんであったかを考えると、もういちど評価軸を見直さなければならないかもしれない。このことは都市・建築についてもいえそうである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »