« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月の5件の記事

2011.07.31

馬場正尊『都市をリノベーション』2011などいろいろ

ぼくは公立の図書館がとてもすきである。大学の図書館だとやはり立場で使わざるをえないが、公立のものだと、ふらりと、ひとりの市民として、とてもカジュアルな身なりでつかうことができる。図書館が受験生と退職したおやじたちで占拠されているのを嘆くひともいるが、使われているのだからよしとせねば。

馬場正尊『都市をリノベーション』2011が新刊書コーナーにあったのでひととおり目をとおした。アメリカでの現地サーベイ、東京R不動産、なまざまな事例、法規・行政などの問題点など、観察も提案もあって、包括的でありながら読みやすく書かれている。ただややもすると作家的なのであるが、これはコンバージョンを魅力的なものとするための必要な演出なのであろう。ただ理論的にはH・ルフェーブルやメタボリスムが基盤にあるようで、すこし古くさい。むしろストレートに不動産屋としての哲学を構築などしてみれば、読者としては楽しめる。メディアとしての不動産。ぼくなども生活者としてよくマンション探し+お家拝見をするのであるが。結局のところ、ぼくたちはどんなところに住むのであろうか?という切実な問題は、ほんとうはもっと書いてもらいたいところである。文献としてはもっとカラー写真を多くしてグラフィックにしたほうがよいのじゃないか、などなど余計な感想をもった。でもほどよく肩の力がぬけた好著である。どのページにも内容がある。

隠岐さやか『科学アカデミーと「有用な科学」』名古屋大出版会2011も新刊コーナーにあったので、ひろい読みしてみた。これはフランス18世紀の王立科学アカデミーにかんする、アーカイブをたんねんに調べ上げた、学術的価値の高い力作である。とくにアカデミー構成員の社会的立場の分析はなるほどであって、ようするに「有用」も「科学」も新興ブルジョワ的な価値観なのであって、アカデミーの会員も貴族よりもブルジョワがおおく、アカデミーは彼らの社会的上昇の道であった、というような指摘は面白かった。一方で、教育史などの分野では18世紀は実利指向の教育が重要視されたというのは通説であるし、学問全体が思弁的なものから実際的なものにかわってゆくというのもそうである。そうした通説とおおきくどこがちがうか?ぼくが読み飛ばした箇所に書かれているのかなあ。またパリの中央病院再建プロジェクトの紹介も、建築畑の人間としては、おおいに賞賛したいものであった。しかし中世の密集型→放射状プラン→分棟型、という変化は、病院建築史やビルディングタイプ史のなかですでに語られたものとどうちがうか、それと有用な科学という視点はどうからむのか、あまりよく読み込めなかった。さらにいえば建築はウィトルウィウスの用強美いらい、「用」は必須アイテムであったはずなのだが、なるほど15世紀から18世紀にかけて用を重要視したともおもえない。18世紀はまだロージエ『建築試論』などという思弁的アプローチが主流で、19世紀初頭になってやっとデュランが建築の目的充足性や経済性がたいせつだなんて主張がやっとなされる。だから中央病院再建プロジェクトも建築アカデミーではなく科学アカデミーでなされるのであるが、そのこと自体がおおきな意味をもっていそうだ。・・・などと批判がましいことを書きましたが、好著にして力作です。

そのほか書架を巡りつつ、ひろい読みしてみた。

守山記生『北フランス・ベルギー中世都市研究』近代文藝社1995、は中世のコミューンがどう成立したかを資料にもとづいて分析している。国王と都市の市民の相互補完関係において成立したのであったが、国王は、一時期都市市民の自衛的軍事力をあてにしていたが、やがて経済的貢献をあてにするようになった、というようなことがおもしろかった。研究史にも触れられていたがピレンヌはまだ、批判的にせよ、ジャンピングボードなのであった。

喜安朗『夢と反乱のフォブール』1994は、都市のソシアビリテについて多くの論考をのこした、そのうちの一冊である。この著でおもしろかったのは、民衆蜂起というのが著者の世代的オブセッションらしいことがすけてみえることと、地区ごとの自衛的市民軍の結成が、なにか中世コミューン時代の市民軍そのそれと、ダブってみえることだ。西洋史の専門家はそんなことは考えないようですが。

フランク『修道院の歴史』教文館2002。よくできた教科書的な文献だが、古代における誕生から20世紀までがいきいきとして描かれている。

竹中幸史『フランス革命と結社』昭和堂2005。フランス革命時に地方都市ルーアンにおいて、政治結社、政治クラブ、各種革命祭がどのように運営・開催されたかを資料にもとづいて詳しく再現し、やはり当時のソシアビリテについて分析している。革命際については20年もまえにモナ・オズーフや立川孝一の文献をおもしろく読んだことがある。本書は、おなじ問題意識を、地方都市の側からとらえ直したものである

坂部恵『モデルニテ・バロック』哲学書房2005。ポストモダンという概念の曖昧さを批判している点は共感できる。バロック、とりわけベンヤミンのバロック論をわかりやすく解説しているが、そのなかでなんども説明されている「垂直の時間」という概念はとても重要なものにおもえた。これは講演集なのであるが、視野の広さとともになにかすでに達観した意識を感じさせる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.07.23

布野修司『建築少年たちの夢』

むかしむかし。ぼくが卒論生として研究室で資料の整理をしていると、となりで、当時は助手であった布野さんがDの学生と議論をしていた。議論といってもかなり激しいもので、なおかつD学生のほうはがすこし年長でもあった。今となっては議論のテーマは忘れたが、そのときに布野さんの言葉をいまでもおぼえている。

「ぼくが建築の芸術性を評価できるとはおもってはいない。ぼくは文脈をはっきりさせているだけだ。」

・・・・というようなことであった。かっこいいなあ、とも思ったし、そういうスタンスがあるんだ、などとも思った。それはハッタリではなかったし、じっさい、布野さんはそのようにして膨大な言説を生産してきたようにおもえる。

卒論の指導をしていただいたり、議論をはたから傾聴していて、頭がいいということは、たんに記憶力とか演算速度とかの問題をこえた、べつのことだと、ぼくなりに理解できたような気がした。人は、ものごとを理解するとき、フィールド、経験、日常世界、情報世界のなかからその成り立ちを仮定するのであるが、図式的にいうと、世界をさまざまな事象に分節化し、X1、X2、X3、X4、X5....Xn...という変数を発見し、それから

Y=F(X1、X2、X3、X4、X5....Xn...)

・・・という方程式を考えるのだとおもう。この関数fが、構造、システム、関係性、ゲシュタルト云々であり、そして人は、変数X1、X2、X3、X4、X5....Xn...にそのときどきの値を代入して、いま・ここのY値をきめてゆく。布野さんはこの変数X1、X2、X3、X4、X5....Xn...やfを発見するのが人の数倍から数十倍速いというのがぼくの印象である。これはいいかえれば、なにか調べごとをしているときに、どういった項目を(しかもあらかじめ)押さえるべきか、その関係性Fはどうなのか、その課題構築いや課題予知能力なのだが、布野さんはそれがすごいのである。

いいかえれば現実を事前に認識するために、あらかじめ構図を準備しておくというようなことで、虚心坦懐に現実などわかるわけがない、というような、研究の世界にもすこしいえることである。

当時は構造主義がはやりであったり、実体概念から関係概念へなどといわれていた。布野さんの高速思考方法は、芋づるでも飛躍でもなく、つねに構図を導き出すのである。

ぼくは、彼が説明する順序や、ゼミのレジメなどの書き方をみて、その点に感激せざるをえなかった。短い期間のご指導ではあったが、ぼくが学んだ大きなポイントであった。

それから余談だが、布野さんは助手時代も手帳などというものはもたず、すべて記憶でスケジュール管理していたそうである。

また当時から、今風にいうとトートバッグのようなカバンを愛用されていたが、そこからとにかくありとあらゆるもの、意表をついたものが出てくる。ぼくたちは魔法のカバンと呼んでいた(さすがにドラえもんのカバンとまではいわなかったが)。

ひとまわり上の先輩というのはいろいろ神話があるものである。

本書では、安藤忠雄、藤森照信、伊藤豊雄、山本理顕、石山修武、渡辺豊和、象設計集団、原宏司、磯崎新が論じられている。はじめて知った事実がたくさんあったし、わくわくしながら読んだ。

ネットワークという言葉がある。とはいっても9人の建築家たちは、同時代人たちだが、結社をつくっているのではない。しかし友だちの友だちは、友だちである。さらにいえば、9人の建築家についてのモノグラフ集であるだけではない。9人は布野さんを介してつながっている。逆にいえば、布野さんという「媒介者」があるひとつの関係性として作用することで、9人の建築家たちがおりなす世界が、なにか算術的総和以上のなにか、立体的な組紐文様のようなものにおもえてくる。それは密に一体化しているわけではないけれども、生きられた、シームレスにつながっていたひとつの世界である。そういう意味で、書き手自身がストーリーに参加する方法ということで、書き方のスタイルとしても勉強になる。

だからY=F(X1、X2、X3、X4、X5....Xn...)図式において、Yがその「世界」で、X1、X2・・・は安藤さん、伊東さん・・であるとすれば、F(!)は布野さんというわけなのである。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011.07.19

中村拓志先生の設計課題など

中村拓志さんに来ていただいて、一泊二日で設計課題をみていただいた。

2年前だと思ったが、デザインレビューという合同卒計発表会のジュリイでご一緒したのが縁で、きていただいた。

建築とランドスケープを横断して考えさせるようないい課題はありませんかと要望したら、身体をキーワードとしてすえるものであった。

講評は、判定というよりアドバイスであったが、どの学生にたいしても時間をかけてゆっくり対応していただいた。指導する立場のほうがよっぽどたいへんで、どんな学生の案でもかならず良い点があったり、可能性があったりするのであるが、それらがなにであるかをじっくり考えて、どういう喩えがかれらにわかりやすいか考えながらじっくり話さなければならない。

ぼくはこんな説明もしてみた。鹿島茂『パリの異邦人』のなかに、パリの安ホテルに投錨したある作家の絶望。つまり安宿のベッドのクッションは、それまでの何百人何千人の宿泊客の体重により、まんなかがへこんでいる。それらは無数の旅人たちの痕跡であり、鋳型である。そんなものはうっとうしいだけである。なるだけはじっこに身をおこうとする。しかし自然に身体はその窪みにはまりこみ、しかもすっぽりとはまってしまう。それがわかったとき、この作家は、じつは自分はそれら無数の旅人のうちのひとりにすぎなかったことがわかり、その自分の凡庸さありきたりさに気づいたとき、絶望感を味わうという。

それから素材の話し。炭素繊維によるF1や新型航空機のモノコックボディのはなしなど、知らない学生はけっこういた。100年前だとパイプをイスにつかったことなど。

こういう課題はまずコンセプトを理解することが課題の半分なのであるが、そこがむつかしいのであった。しかしそれでも、自信なさげではあったが、可能性のあるプロジェクトは多かった。

打ち上げ。たまたま来ていた研究室のOB3人と合流して、6人で魚料理を食す。地方都市の、まだ商店街がのこっている片隅の、外壁全部をイエローで塗り上げたマンションがあったり、なんかわけありっぽい地区。でもこういう猥雑さはきらいではない。

刺身を味わいながら、これからの建築界などについて話す。大震災を契機として、20世紀はほんとうに終わってしまい、これからが真の21世紀ということで合意。OB3人は、ひとりは広告代理店、ふたりは設計事務所勤務、いろいろ貴重なアドバイスをいただく。

そこがおひらきになると、中村さんは約束があるといって帰って行った。行動力のある人である。ぼくは同僚の先生とOB3人で、隠れ家的飲み屋にゆく。とりとめのない世間話におちこんでゆく。5人でワイン1本をあけたので、解散。

ぼくはそのまま帰宅。お土産にもらった日本酒がおいしそうだったのでつい飲んでしまう。しかしfacebookによると、OBたちはどこかのカラオケでずっとがんばったそうである。元気でなによりである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.07.10

アンソニー・フリント『ジェイコブズ対モーゼス』

アメリカ人が書くものはきっちり二元論になっていてわかりやすいが、本書はNYにおける開発対保全の実名入りの物語であり、いきいきとしていて、読むことの楽しみもあじわえる。

ジェイコブズはいうまでもなく『アメリカ大都市の死と生』の著者であり、市民運動、グラスルーツのまちづくりの始祖であるとされ、今日ますます評価が高まっている。モーゼスは、パリにおけるオスマンの役割を、ニューヨークではたした人物といえば大げさかもしれないが、実際、NYのインフラ整備はかれによってもたらされた。ふたりはワシントンスクエアパーク、ローワーマンハッタン高速道路をめぐって、保全と開発の立場から闘い、そべてジェイコブズは勝利をおさめたかっこうである。

時代としてはちょうどキム・ダービー主演『いちご白書』にいたるすこしまえのころであって、またまったく違う次元だが公民権運動ともイメージとしてはダブリ、古い人間としては熱い時代をなつかしく思いだしてもみよう。

著者はジャーナリズム学科を卒業し、都市計画畑で取材をつづけ、いまは土地問題研究所所員というから、まさにプロとして書いている。しかし専門用語の羅列ではなく、ノンフィクション的に的確であり読みやすい。そしておおむねジェイコブズを評価しつつも、メトロポリスに不可欠なインフラを整備したモーゼスの貢献も指摘している。

それにしても都市とはなにか?ということをあらためて考えてしまう。

そもそもハワードの田園都市が、危機にあるメトロポリスにたいする批判であり代替案の提出であったように、20世紀初頭にできた近代都市計画学は、科学的な手段をそなえつつ、本質的には都市批判であった。それまでの19世紀都市への批判であった。

ジェイコブズとモーゼスが対峙したのは、オスマンからせいぜい80年ほどであり、ハワードからせいぜい40年ほどしかたっていない。ましてやル・コルビュジエは同時代である。そういう時代の開発対保全というのは、現在から遡及してイメージする(ほとんどの人がそうするであろう)よりも、むしろ19世紀からの延長で考える(あまのじゃくだが思考のトレーニングとしてはいい)ほうがいいかもしれない。

ジェイコブズはハワードを批判しているそうで、都市をすてて郊外に逃避するのではなく、都市そのものの価値の、再発見というより発見そのものではなかっただろうか。

だから再開発なんでも反対の運動にとっての教祖だというのはある一面にすぎないのであって、ジェイコブズはほんとうはもっとダイナミックなものを求めていたようなきがする。だから晩年の都市経済についての研究などは、専門家からはいろいろ欠陥が指摘されていると聞いてはいるのだが、もっと知りたかったところである。のではあるが本書ではエピソード的にかるく言及されているだけである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.07.09

7月7日

 出張のあいま、いろいろのぞいてきた。展覧会のはしごもできて、首都圏は便利である。

 竹橋では「パウル・クレー展」。人が多くておどろいた。ポンピドゥーセンターでル・コルビュジエ展をやったって、これほど集まらないであろう。すべての芸術は実験であるといえるが、クレーはとくにそうであろう。絵画をテーマとする絵画。色とはなにか、線とはなにか、を探求する。それは十七世紀の素描か色彩かの論争の構図をも回想させる。しかしそれだけでは人気はでない。その秘密をあれこれ想像した。ぼくなりの推測は、クレーの作品はとにかくかわいい。

 ギャラ間では「五十嵐淳 現象の構築」。これもやはり実験なんであろう。空間の輪郭とはなにか、あるいは空間と空間の関係はなにか、を実験している。しかしそれをいくつかのカテゴリーに分類したことで実験完了とするのでもなく、うまいキーワードで締めくくるのではなく、さまざまなスタディをしてゆく。そういう意味ではこれも建築をテーマとする建築、なのであろう。なにをやりたいかははっきりしていたし、年寄りからすると、プロデュースしてみたい建築家なのであろう。

 乃木坂つながりで21-21 Design Sight「倉俣史郎とエットレ・ソットサス」。ソットサスの初期のスタディをみれたのは面白かった。八十年代の反モダン。展覧会というのは作品やパネルによって、単品ではできない、広がりと空間を与えることに尽きるとおもう。そういう意味ではよくできた展示だとおもう。でも2011年という視座とはマッチしなかったような印象である。ぼくのテンションはあがらなかった。

 GA Gallery、INTERNATIONAL 2011展。ひとつひとつのプロジェクトは強烈である。しかし全体として均質感が支配していた。プレゼは同じソフトで制作されているように見えるし。均質化へむかうのはこの展覧会のせいではなく、グローバル建築そのものがそうなのであろう。ここでもテンションはあがらなかった。

 移動の途中、東京オペラシティをのぞいた(初見であって、そんなものである)。アートギャラリーでは「ホンマタカシ ニュー・ドキュメンタリー」 が終わっていて、sanaa展の準備をしていた。ずっとまえに指摘されたことだがエンクロージャ型の都市空間。都市のアイランド、島宇宙である。ある都市計画家が日本にはいわゆる都市型建築が不在なのであって・・・ということを指摘していたが、その認識の遅れと当事者意識のなさに唖然としたことがあった。都市型建築のない日本の都市では、このような幕の内弁当的な島宇宙ができる。20世紀末から21世紀初頭への傾向として、ヒルズ、ミッドタウンなどが一括してやがて歴史的対象となるであろう。「幕の内弁当型」都市プロジェクトとして。弁当は日本の十八番である。

 恵比寿の都写美では「ジョセフ・クーデルカ プラハ1968」。必見だとおもう。 侵略者たちよりも、なによりチェコスロバキアの人々の表情がよくとらえられている。それは彼らの尊厳、抵抗の意思を写している。なによりこの「意思」を記録することが写真家の目的であった。ところでそれ以降(それ以前から?)、西側のひとびとの恐怖はロシアのタンクがやってくることであった。おもうにタンクによる蹂躙は、まさに大陸的かつ20世紀的であった。

 建築史研究者の集まりもあった。渡辺真弓さんが建築史学会賞を受賞したそのお祝いパーティである。大学院進学したばかりのころ、彼女に研究室ではじめておめにかかった。美しく聡明な先輩がいるんだと思ってショッキングであった。ロンシャンはどう綴るの?フランスやっているんでしょ?といかにも頭の回転がはやそうで、でもとてもさわやかにいわれ、とめどもなく混乱していったものであった。・・・大昔の話しである。でも受賞おめでとうございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »