« 南明日香『ル・コルビュジエは生きている』 | トップページ | 7月7日 »

2011.06.28

平田晃久『建築とは〈からまりしろ〉をつくることである』

平田さんには、今年の設計演習のために来ていただいた。一泊二日の短期課題であったが、テーマは〈からまりしろ〉にかんする深くて大きいもので、学生たちはとりあえずは空間の造形の課題としてこなしつつ、しかし建築の100年スパンのパラダイム転換とはなにか、という大きなテーマを(ひょっとしてトラウマのように?)かかえることになったら、むしろ学生本人にとってはとても生産的なことなのであろうとも思った。

そればかりか上記書籍もいただいた。ありがとうございます。

この書は、平田さんの作品の紹介と、ライプニッツ、オートポイエシス、ひだ・フラクタル・発酵、などを中心概念とする論考を、たくみに組み合わせて編集して、ひとつの一貫した世界を提示したものとなっている。

書物としては、150ページほど、グラフィカルであり、テキストは少なめで和英バイリンガルである。作品集というより、建築論集というより、意図して軽やかさをそなえたポートフォリオなのであろう。さまざまな読者とシチュエーションを考慮して、わかりやすく語りかけているような印象である。

しかしそれでも、序から一章から4章まで進んでいくと、論理は着実に構築されているような、あるいは確実に一歩一歩進んでいるような、印象である。じつはこのあたりに著者の力量を感じる。

ル・コルビュジエの『建築をめざして』はむしろ一種の箴言集であって、かならずしも理論と思わなくともいいのではないか、とぼくは思う。その基準をそのままつかえば〈からまりしろ〉は理論であると思う。

ちょっと飛躍するかもしれないがパラディオの建築四書もまた、みようによってはポートフォリオである。そこには建築学の体系と、ローマの古代建築と、パラディオ自身のプロジェクトが記録されていて、多方面から取材しながらひとつの世界をつくろうとしている。アルベルティはあまりに学究的であり、ヴィニョーラはあまりに職能的である。パラディオはその点バランスがとれていて、技術の体系、自作集、古代建築からなるやはりひとつのまとまりのある世界を見せようとしている。

平田さんの著書は、意図して軽やかに書かれ、読みやすくされているが、歴史や世界のなりたちを批判的に問い直すことからはじめて、あたらしいモデル、あたらしい方法論を提出し、そして具体的なプロジェクトのプレゼンテーションで結ばれている。じつは壮大である。著者はあきらかに理論家としての傾向いやすぐれた資質をもっているが、それらはいくぶんシャイに控えめにされていて、ここではあくまで建築家として語ろうとしている。そんな印象をもった。

一般的にいって20世紀の建築書は、批判的スタイルで書かれることに意味があることが多い。大理論が構築されたのはむしろ19世紀なのである。もっと時代がたてば、20世紀よりも19世紀のほうがより評価されるであろう。

それでは21世紀はどうか。その方向性はまだまだ読めないが、ちょっとそんなことを空想してみた。

|

« 南明日香『ル・コルビュジエは生きている』 | トップページ | 7月7日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 平田晃久『建築とは〈からまりしろ〉をつくることである』:

« 南明日香『ル・コルビュジエは生きている』 | トップページ | 7月7日 »