« 八束はじめ『メタボリズム・ネクサス』 | トップページ | 『企業経営都市の盛衰とその空間構成』 »

2011.05.28

内田祥哉先生の特別授業

天気に恵まれない土曜日であったにもかかわらず内田先生は大学にいらっしゃって、計2時間以上、自作についてあつく語られた。おもに佐賀市と有田市でかかわられた建築であった。

60年代から80年代までが中心であるが、とくに60年代は日本近代建築史においては、地方の公共建築に建築家たちがかかわった傑作の多い時期である。とくに佐賀県立図書館は、県立図書館としては全国でも初期のもののひとつという。60年代は、そういう意味では地方の主要都市において都市建築が構築された時期であり、戦後民主主義の空間が形成された記念碑的時期かもしれない。それとともに、東京の建築家が、地方の公共建築を手がけるという構図ができた時期でもあろう。ちなみに地方でも建築学科が設立されたのもこの時期であって、その最初の卒業生たちが活躍するのはもっとあとであろう。

今そのようなことを議論する人はすくないが、新制大学における建築教育の全国普遍化がなされたのがこの60年代であって、その歴史的帰結やいかに、あるいは今後の可能性はいかに、というのも政策問題としては意味のある問いだと思う。ただこれに関心のある人は少ないようである。

それはともかく、内田先生は建築家として、建築生産システムのオープン化やそれに立脚しての建築設計を展開されたのである。そういうことを若い学生たちに説明するとどのようなことになるであろうか。学生にとっては戦後の建築もすでに歴史であるので、たとえばオランダの構造主義など研究する学生が増えている。しかしそれに相当するのはこの内田先生たちである、などといった説明も学生には通じたであろうか。

逓信省営繕部でのキャリアも、彼を日本のモダン建築の主流に位置づけるものであるし、堀口捨己との親交があったことも、そうであろう。アーキテクトとしてのベースがあって、そのうえで構法の研究者として主導的立場にあったということで、正統派としてのあり方のひとつを示している。

個人的な追憶をいくつか。大学2年生の時の授業で、吉田鉄郎の『日本の建築』を、最初はドイツ語で出版されてそれから日本語版がでたんだよね、なんて説明されていたことがやけに印象に残っていた。逓信省コネクションなのか、ということに気づいたのはもっとあとであった。その話しをうかがいたかったが、今日の特別講義とは関係が薄いのでつい気後れしてしまった。それから同じ授業で、ユネスコ本部ビルのY字プランは当時の流行であったが半円形の広場に面するものとして都市的文脈を考慮したものであったといったご説明をいただいたこともよく覚えている。そんなことによって、ぼくは建築の見方をならったものであった。ル・コルビュジエのユニテのRC打ちっ放しが粗いね、などといった一言もととても印象深く記憶している。3年時、先生の課題は図書館であった。ぼくは首都高の高架にチューブをぶら下げるという当時のアーキグラム風のプロジェクトを提案した。敷地は有栖川公園であったが、ぼくはあえてその外側に建てたのであった。かなり酷評された記憶がある。たいへん内容のあるご批評も、もっとしっかり聞いておけばよかったのだが、講評時はかなりてんぱっていたのでただちに教訓とするには余裕がなさすぎたようだ。でもこのくらい覚えているのだから、教えをわずかでも役立てているとは思う。

|

« 八束はじめ『メタボリズム・ネクサス』 | トップページ | 『企業経営都市の盛衰とその空間構成』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 内田祥哉先生の特別授業:

« 八束はじめ『メタボリズム・ネクサス』 | トップページ | 『企業経営都市の盛衰とその空間構成』 »