« 比較建築史読解004 (4)フランス建築(史)前半 | トップページ | 比較建築史読解005 (4)フランス建築(史)後半 »

2010.12.05

すこし暖かくなったかな

久しぶりに気温が0度を超えた。

週末はすこし時間ができたので、支部研の梗概を書く。帰国したら時差ボケで原稿どころではなくなるので、今のうちに書いてしまって、投稿しなければならない。というわけでなんとか書き上げた。原稿も支部に送ったものね。ぼくの研究室の学生は、みんな投稿しなければならない掟となっている。みなさんがんばってくださいね。

土曜の夜は、シャイヨ宮の建築・遺産都市をぶらぶら散策する。集合住宅の展覧会をやっていた。いわゆる社会的住宅はいまでも建築の重要な一部をしめているし、政策の重要な柱でありつづけているのが日本と違うところである。

建築書店も覗くが、いまだに出版熱はある。建築についても、テーマのとらえ方や写真のアングルなど、いわゆるコンテンツ産出能力は高い。タブレットや電子書籍の時代になったら、やはりヨーロッパの時代ではないか。つまり文化としての建築に、圧倒的な蓄積がある。その過去の編集によってつぎつぎと新規なものを産出する能力があるのである。

こういうものへのリテラシーをもっていると隠居生活は楽しくなるであろう。書籍や資料はWEBからダウンロードすればいいのだし。現場/隠居の差はなくなりはしないが、昔に比べれば、すっと小さくなるであろう。

日曜の朝は、アルテミスを聞いて、帰りは市で野菜などを買う。午後は明日にそなえて、アーカイブの確認をしよう。

|

« 比較建築史読解004 (4)フランス建築(史)前半 | トップページ | 比較建築史読解005 (4)フランス建築(史)後半 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/424713/37960281

この記事へのトラックバック一覧です: すこし暖かくなったかな:

« 比較建築史読解004 (4)フランス建築(史)前半 | トップページ | 比較建築史読解005 (4)フランス建築(史)後半 »