« カーネギー美術館の「建築の間」 | トップページ | スローな建築ガイドツアーにしてくれ »

2010.08.28

♪ヤミでも光でもなく

夏休み。

それは本質的にレトロスペクティヴなもの。すべては過去である。過去という海のなかで、「今」が難破船のように浮き沈みしている。それが夏休み。

♪君の優しさが 僕の胸の中で冷たく息をしている

という懐メロはたとえば40年前でもよかったのだろう。時空がねじれる。

世間では夏休みだから、ぼくもそうなのであろう。それは学生のころ立川のデパートで買った大きめのバッグ。トートでも、ショルダーでも、ピギーでも、ボストンでもない、不定形のもの。それに旅行に必要はいろんなグッズをつめこむ。そのうちバッグは、なにか人格を帯びてくる。なにしろ1週間の生活を成り立たせるものだから。でもバッグをひっくりかえしてバラバラにすれば輪郭はふたたびなくなる。

平戸。過疎化が進行している。ここ20年で人口が三分の一までおちんこんだとしよう。しかし驚くべきことに、世帯数はほとんど変わらない。1世帯あたりの家族数が、たとえば6人から2人になった。これは家族の崩壊であり、国内で普遍的な減少だ。しかし家族はほんとうに崩壊したのだろうか?家族は、東京や福岡に分散しているのだ。なにかの再構築という発想ではやっていけない。そしてこんな重要な与件に反応できない若者たち。

パリ。17世紀のフランス建築の文献を訳す。ずっとやっている。なにしろ30年前にBNからマイクロフィッシュを送ってもらった文献である。しかし取り組んでいるさなかは翻訳できないと思う。達観に達したいまだからこそ、訳せるのであろう。

WEB。暑いさなか、ボーとしてサーフしていると、某石井教授のスロトレにであう。これはよさそうである。

四国。気がつくと石材店のお兄さんと業界的な話しをしていた。埋葬は、仏式、神式、キリスト教式という大別はさほど実態ではなく、地方ごとの慣習がまったく違うのだという。だから西洋式の公園式墓地が成り立つところと、まったくなりたたないところがでてくる。「土に戻る」という解釈の違いが、儀式の違い、そして墓石の違いになってあらわれる。業者的安全策と、地元的因習との相乗作用で、個人的な発意などまったくなくなる。

地元。定期試験、入試試験、全国機構の某審査、学内機構の某審査・・・。歳になったので、役割として、人様を評価したり審査したりすることが続く。ぼくの八月はこうあるべきではないのだが。理性の狡知によって学習させられているのだろう。たしかに評価技術は向上するのではあるが。試験であったり、審査であったりするから当然だが、これらは徹底して匿名である。匿名の評価というのは、人間ではなく、神のごとき評価であり、もし評価基準が明示されなければほとんどご神託である。

iPad。まわりにもユーザーはすこしずつふえてきた。感想を一言。これは情報端末というより、購買端末、集金端末である。そのうち文化端末、宗教端末にもなったりするのであろう。その狂おしい世界もいちどは体験すべきなのではあろう。ネットワークはやがて自立し、神のごとき存在となるであろう。

そんなさなか、学生3名ほどにいろいろ相談をうける。理由はさまざま。しかし相談するということは、指針を求めているという点では同じである。若者は、当惑ということ、腑に落ちることの難しさ、を抱えている。マンツーマンで語っているぼくは、神ではなく生身の人間なのであって、ご神託はできない。アメリカのゴーストタウンの話しなどをする。日本という地主社会のことも。でも自分を決めかねるのは、世界の了解ができていないからなのである。よくもわるくも日本の現代社会は「世界の了解」がないことがスタートラインなのである。

自治体の人と、産業界の人と、ミーティング。ぼくは大学代表。最近の大学生が留学意欲をなくしていることを危機感をもって説明した。メディアで報道されている以上の風速を感じる。しかしどうも行政や産業の人たちは危機感がない。ぼくは日本の大学が国家主導でできた出自をもついじょう、文科省の政策もいたしかたないのかもしれない。でも自分たちが学生であったころの経験はまったく役立たない状況であるのも事実だ。今が今であるゆえんである。

暑い。意識はいまここに集中してくる。すると過去は薄くなると思いがちだが、なぜか、それに反比例して、過去が洪水のように押し寄せる。時間のバランスが崩れ、非対称となる。

♪きっと ぼくらの明日なんて ヤミでも光でもなく

八月というバッグ。詰まっていたものを、ひっくりかえして、フロアにばらまいてみる。

|

« カーネギー美術館の「建築の間」 | トップページ | スローな建築ガイドツアーにしてくれ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/424713/36405457

この記事へのトラックバック一覧です: ♪ヤミでも光でもなく:

« カーネギー美術館の「建築の間」 | トップページ | スローな建築ガイドツアーにしてくれ »