« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月の8件の記事

2010.06.29

毛利嘉孝『ストリートの思想』

夕方、時間があったので読んでみた。

時代のレビュー的解説としても読めて、80年代のニューアカ、バブル、90年代のカルチュラル・スタディーズ、00年代のマルティチュード論などと平明に解説している。

ぼく自身は90年代と00年代はひきこもり的生活を送っていたので、こういう現場の空気を伝えてくれる本は面白かった。

90年代のイギリスにおける大学の状況などはなかなか切迫感があって、大学の独立採算制や民営化などといった大ナタによって、一種の輸出産業としてカルチュラル・スタディーズがプロジェクト化された経緯や、留学生大募集作戦や、経営のために留学生からは高い学費をとるといった政策が紹介されている。

周知のとおりアメリカやオランダの大学なども、同じようなことをすでにやっている。日本だけが、G30というようなことをやろうとしている。高い学費をはらえばいたれりつくせりの大学教育を提供しましょうという国際教育サービスを展開する機会はすでに過ぎ去っているのではあるが、ほんとうにどうなのであろうか。外貨獲得という点はさておき、しっかりした教育コンテンツを提供できるかどうかである。

ストリート思想の表現として、90年代以降の「帝国」論、おもに首都圏におけるいのけん、だめ連、ブリコラージュ的アプローチ、素人の乱などが紹介されている。

ぼくの印象としては、著者自身の思想はこれら一連の出来事の構図のなかに描かれているようで、キーワードを抽出しようとするとけっこうすくない。しかしそのなかで「感情」とは違う「情動」(他者との接触や相互作用によって身体的に触発された感情の動き、p.182)や「愛」という言葉はキーワードであろう。

というのはフーリエの思想のなかに「情念」というやつがあるが、ぼくもそれと同じように理解できるのではないかと思ったことがある。つまり人間は他者にさまざまな情念を抱くのであるが、それが人間と人間の関係を、そして社会を構成するのである。つまり古い階級社会が崩壊し市民社会ができたと思えた19世紀に、新しい社会の構成原理が求められる。そのとき「情念」を鍵としようというわけである。

この書は80年代以降の状況をパノラマ的にみせながら、最後はフォーディズム的/ポスト・フォーディズム的という対比で括ろうとしている。ストリート思想の立役者はミュージシャンやアーティストたちなのであるが、いまや若い世代はポスト・フォーディズム的なミュージシャンにようなものになるべく宿命づけられている、という。さらに70年代に産業構造の変化があり、製造業からサービス業へと変化したのであって、文化産業が支配的になったこととパラレルである、という指摘があった。

この最後の指摘はいくぶん弱さを感じる。というのはクリエイティブ・シティやナレッジリージョンズといった最近の都市論も、第二次産業から第三次産業へという変化が都市をどうかえるかという視点にたったうえで、諸国民の富を問うているからである。文化産業を重要視する点も同じである。

「情動」に還元するような発想は、もっと展開を読んでみたいような気がする。アーティスト化という方向性は、保守的な支配的論考と同じようなことなので、どうかな、とも思う。いずれにせよ、19世紀のユートピアンたちを思い出すのであるが、19世紀の人びとだけでなく21世紀の人びとも、空想的なのではなく、具体的で切実なのである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.06.19

阿部大輔『バルセロナ 旧市街の再生戦略』

評判がよかったので読んでみた。

綿密にスタディされた力作であった。セルダ以降の都市計画の制度史が丹念に、切れ目なく紹介されている。乾いた叙述ではなく、著者の生活体験がちりばめられていて、よい。

旧市街における「多孔質化」を中心に論じられている。外国人居住者がおおく、疾病から死亡率が高い地区のなかへの介入のしかたとして、保存すべきは保存するが、ときには大胆に切り取り、高密度で環境のわるい部分を壊して、そこを広場やプロムナードなどの公共空間を整備するのである。

日本の地方都市では人口減や一昔前ならアメリカ流にインナーシティ問題などがいわれたから、こういう一種の減築は参考になるであろう。

パリとの比較ではどうなるか。パリの都市計画というと第二共和制時代のブールバール開設が有名である。しかしそれは大胆ではあったが第一歩である。20世紀初頭には不衛生街区を調査し、ときにはそれが取り壊しの対象になった。これは戦後にもまたがっていて、ポンピウドゥ・センターとその前広場はこの手法である。また中盤からはとくに高密な街区ブロックはその内部を取り壊して密度を下げ、通風の日照を確保するための公共的な中庭にするという、くりぬきの手法が展開された。

だから減築の手法は、すでに、けっこう展開されている。

もっともある手法の新規性やだれが一番かということが問題ではない。都市にはそれぞれ固有の文脈と歴史的経緯があって、いつどこで、どの手法が適切かをそれぞれで具体的に考えなければならないからである。だから、歴史的街区に関する法律との連動といった側面をとらえれば、たとえばフランスのマルロー法などいと比較したくもなる。しかしある都市空間介入の手法は、時空をこえた広がりがあることもある。だからぼく的には、前述のような不衛生街区と、ブロック内減築についての先例が、相違点も類似点もふくめて、比較したくなる対象である。

もうすこし脱線すると、日本においては1960年代において広場ブームがおこったあげく、やはり広場はすぐれて西洋的概念なのだから日本に直訳するのはむつかしいという認識が、やがて一般的になった。しかしバルセロナの例は、まさに、広場はすぐれて西洋的な概念であるのだから、20世紀末から21世紀にかけてのバルセロナにおいても、オーソドックスな手法として(他国に遅れているとかという問題ではなく)まっとうに成立しうるということを示している。

ぼくとしては、バルセロナにおける都市計画の枠組みや手法の普遍性や斬新さという観点からではなく、そのような手法を喚起した、まさにバルセロナという都市の社会や空間の歴史的実態を知ることができたという点が意義深いと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.06.13

隈研吾+三浦展『三低主義』

面白くて当然の文献であって、そもそも読むのが遅すぎるのだが、読んだ。

戦後の消費社会のあとにくるものが三低主義(低リスク、低依存、低姿勢)とされ、こうした若者がこれからの社会の主役になってゆく段階で「かわいい都市」となる。そのあり方が語られる。レビュー的に、アメリカの持ち家政策、ニューアーバニズム、コンパクトシティなどが整理され、地方都市の疲弊、R企画、若者の旅行離れ、住宅政策のありかた、孤独死、郊外批判なども語られる。

ラドバーンやレッチワースの現状などが具体的に語られていて、一気に251ページまで読ませてしまうスピード感が印象的であった。おふたりの語りには、近代の古今東西の都市のありようをともかくも一望に把握しているというバランス感覚と、それらをあるテーマにそって迅速にスキャンするというスピード感に満ちている。その信頼感がスピードにつながっている。

読了のあと、金曜日のプロジェクト演習のことなどを思い出した。過疎化が進む人口数万人のある地方都市をサイトとして、そこをどうするかという課題である。その頭出しの集中講義ということで3コマもしゃべりにしゃべったばかりであった。

自分の演習課題とこの三低主義はまったく関係ないようなことだが、やっぱりひとつながりの大陸のどこかなのである。もちろん町並みが崩れつつある歴史的町並みをどうこうするということに、隈さんや三浦さんの知見はとても役に立つであろう。でも結局のところ、問題はなにか?というようなことを自問自答するとどのようなことになるか。

自分の演習課題について考えよう。「ランドスケープ」という切り口からアプローチするのであるが、昨今の景観をいかしたまちづくりとか、文化財遺産の活用、などはぼくはそれほど信じない。というか、日本における「課題の設定」そのものの産出メカニズムを信用していない。つまり高度経済成長の時代は、日本の都市の非近代性・非効率性が克服されるべきであった。そのあと伝統への回帰がさけばれた。そして現代では「景観」のなのもとに、ある意味で、地域のさまざまな潜在的なものがマルチスキャンにかけられ、自治体が報告書を書いている。

社会がこのようにたいへん明確な目標を設定しているいっぽうで、学生たち、しかもよく学習する優秀な学生ほど「なにを課題(問題)にしていいのでしょうか?」という迷いを見せる。ここで良い教育者は、この「迷い」を学生の未熟さゆえとせずに、それもある与件であって、なにか社会の本質を反映したメッセージだと解釈するのである。ぼくなりに拡大解釈すると、この学生の迷いは、たとえば首相が交代して内閣支持率がいっきに3倍になるが、しかし本質的なことはかわっていないのではないか、という状況に似ている。

ぼくはなにをいいたいのであろうか?

つまり景観重視という今の政策が、造りすぎて景観を破壊した時代への反省であっても、それこそ歴史的にレビューすると首相の交代のようなドタバタにみえはしないか、ということである。なるほど前政策の悪い点は批判して改めねばならない。しかしそれだけが現政策の意義だとするのは不十分であって、「それで?」という印象を若い世代はもってしまうのである。

カビがはえたような表現だが「人生いかに生きるべきか?」なんてゆう問いかけがあったとしよう。20世紀における庶民の経験によれば(当然のことだが)、持ち家政策も、消費社会も、この問題には答えようとしなかった。幻想を与えただけであった。いや本質論は回避すべきであるという確信犯的信念こそがまさに近代的なのである。だから伝統回帰、景観尊重、などといった政策もそうなのであろう。最終的な回答などというものはありえない。それは人間が神に到達することができないように、そうなのである。造りすぎ政策がダメだから今は景観なんですよ、などという説得そのものが限界を露呈している。

隈さんや三浦さんは、弱い個人であっても社会や都市のからくりをしっかりと把握すれば、個人が信条において破綻することがないのだよ、とアドバイスしてくれているのである。つまり俯瞰的意識のレベルに達することで、瞬間的には神の目線にちかづき、そのことで救済を得るのである。そして等身大の自分にもどる。自分自身からいちど離れて外部から自分自身を見て、ふたたび回帰するという、近代的な自意識でもある。

人生は長くなってしまったので、産業勃興サイクル(20年とされている)、学問パラダイムサイクル(やはり20年ほどか?)、政策交代、を何回も体験せざるをえなくなると、人生の根拠をその政策や学問や産業などにはおけなくなっているのである。学生たちは、無自覚のまま、それをはっきり見抜いているのである。だから当然のこと自分が産業や学問や政策にとりくむには、外部の根拠が必要である。「人生いかに生きるべきか?」という問いがとてつもなくドンキホーテ的に感じられるのは、そういうことである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.06.12

『村野藤吾研究』

第一号を送っていただきました。石田潤一郎先生ありがとうございます。

これは京都工芸繊維大学にある村野藤吾アーカイブ(図面など5万点あまりという)をベースにしたもので、すでに研究会組織が立ち上げられているし、展覧会も開催された。今度は刊行物である。

毎度のことながら建築力の差をかんじる。建築も文化として蓄積されることとなると、地域の建築力は歴史力でもある。地域の卓越した建築家がその地域で活躍する、その蓄積が遺産と成る。わかりやすい指標は建築学科の存在であって、明治から建築学科があった地域、戦前からの地域、戦後やっと建築学科ができた地域、では蓄積された遺産としての「建築力」はまるで違う。おそらく経済力の自乗か3乗くらい違うのではないだろうか。

自分の地域にある建築遺産を語ることで、普遍的に建築を語ることが可能になった地域は、建築文化においてテイクオフしている。それは東京と関西くらいであろう。地方が参加するのはおそらくもう50年か100年待たねばならない。

・・・などと、わかりきったことだが、羨望のまなざしでページをめくったものであった。

《日本聖公会大阪聖ヤコブ教会》(1931竣工)は、アンビルトではなく、未発表なのだそうだ。こういう新発見も多いらしい。

当初案では四角い塔のうえに十字架がある。これは広島の《世界平和記念聖堂》につながるデザインであることは明らかだ。

実現案ではこの塔はできていない。1937年以降の建材統制のゆえである。教会堂そのものは単廊式というか簡素なホールのような空間となっているが、内陣だけは教会らしく半円形平面のニッチのような形態である。そこ窓が3基穿たれていて、ロマネスクな気分をかもしだしている。

半円型にふくれたボリュームはそのまま外に露出されていて、教会であることを能弁に物語っている。

解説によれば、教会堂の施主は製銅会社の社長であり、この会社は戦争でたいそう金をもうけたという。その先代社長の遺志をうけついだものらしい。さらにこの施主は、戦中期における村野の数少ない施主のひとりであったという。

そしてつらつら考えてみるに、村野藤吾研究とは、なにが村野らしいかを知る探求というより、村野をフィルターとして時代を知るためのそれなのであろう。村野らしさとは媒体であるかもしれないが、逆にいえば、媒体であることが村野らしさなのではないか、といった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.06.08

「グラン・パリ」法が公布された

例によってWEB版ル・モニトゥール誌からである。現地時間で2010年6月7日17時18分発表。

この法律はとりわけ首都をループ状にとりまく130kmにおよぶ自動運転のメトロを計画したもの。6月5日付の官報において講評された。

5月27日に上院・下院で最終的に採択され、6月3日に大統領により公布された。

法律の目的は、旅客のための公共交通網を建設することで、パリとイル=ド=フランス地域圏の求心力のある地域をむすび、国と自治体が共同で策定し定義し実現するストラテジックな地域と計画によって経済的都市的な発展に骨格を与えるのである(同法第三条)。なのでループ状メトロ網は、9カ所の「プロジェクト領域(teritoire de projetをこう訳してみた)」すなわちプレーヌ=コミューン、ロワシ、オルリ、サクレ、デファンス、シャン=シュール=マルヌ、エブリ、セーヌ=オワーズ、モンフェルメイユ=クリシ=ス=ボワ、を連絡する。

この輸送網は、「領域開発契約」(contrats de développement territorialをこう訳したがもちろん専門家は違う訳語をあてるであろう)ごとになされる。これらの契約は毎年7万戸の住居を建設するという目標を達成する一助となる。これら住居は人口的にも社会的にもイル=ド=フランスに適合したものであり、都市の拡張を制御することに貢献するものである(同法4条と5条)。政府によれば、それを創造することで、「15年で100万の雇用を」創出することができる。

「グラン・パリ公社 Société du Grand Paris」

グラン・パリの新しい交通網は、イル=ド=フランスにすでにある交通網としっかり連絡している。鉄道、河川、国道かならるネットワークのなかに溶け込み、領土における不均衡を抑制する。大陸上にあるフランスの地域圏相互の連絡をより迅速にそして容易にし、イル=ド=フランス地域圏での乗り換えによる混乱を回避することに貢献する。

このため法文では「グラン・パリ公社」という公共機関を創設する(2条)。その任務は、グラン・パリ交通網に関連した整備・建設事業を実現することである。また同時に、競争力拠点とサクレ平原科学テクノロジー拠点によって研究、イノヴェーション、産業再活用などを促進するであろう(6条)

・・・・といったことのようである。基本的には、あまりに強固であった放射状構造・中心/周辺図式を緩和して、ネットワーク型にしようというものである。パリは、基本的には19世紀の古きよきパリの(そのままではないにしても)継承であり、21世紀のパリ首都圏は自律的部分からなるゆるやかなネットワークということか。とはいえ1919年発足のパリ拡大委員会や、アンリ・プロストの大都市圏構想との連続性・発展性において語られるものでもあろう。「都市計画」という学問そのものが20世紀初頭の人工的構築物なのだが、現実と学問が平行して競争し合った、1世紀にわたる併走関係のひとつの結論のようなものであろう。もちろん変化し続けるなかでの暫定的なものではあるのであろうが。

法律そのものもダウンロードできる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.06.06

太田博太郎『日本建築史序説』

・・・についてふれる機会があった。建築学会のある集まりが九重(くじゅう)であったのである。

この書はもっともコンパクトでかつ高密度に書かれた日本建築史の通史であり、初版の出版後ほぼ半世紀が経過したにもかかわらず、いまだに乗り越えられていない。

しかし優れた文献であるがゆえに、逆説的に、もたらす問題も大きい。

その序「日本建築の特質」はもっぱら「美学」の観点から日本建築を論じている。素材の率直な使用、機能に忠実であること、左右非対称性、非記念碑性、などがその特徴であるとされる。それは近代建築運動の価値観であり、近代美術史とくにウィーン学派の美学を導入したものである。それは日本建築が20世紀初頭のモダンアートの美学により説明されていると同時に、日本建築はとりもなおさず中国建築とは逆の特性をもつものとして定義されている。20世紀初頭は東洋建築というカテゴリーが考察されたし、80年代以降は中国建築やアジア建築との関連で日本建築を論じることが積極的になされており、そういう点では日本固有性に閉じこもろうとする太田理論は問題が多いし、なによりそれに依拠しなければならない現代の私たちの立ち位置も問題なのである。

いっぽうで各章は、時代やビルディングタイプごとの事実主義的なあるいは実証主義的な諸研究を構成した、バランスの良い各論である。そこには基本的には戦前の成果が中心であるとはいえ、いまなを諸外国の研究レベルを凌駕する質の高さがある。

しかし、それぞれすぐれているがゆえに、逆に問題なのが、この「美学」と「実証」がまったく関連していないことである。それらはあたかも同時には論じられないものとして、唐突にかつ即物的に、並置されているのみである。ひとつの文献の書き方として、このような編集のしかたはまったく失敗である。しかし太田博太郎への信頼感によって、その無関係の並置は、まったくの信頼感をもって認められている。しかし素朴によめば、それらはまったくの別物なのである。

つまり日本建築を論じるにあたって「美学」と「事実」は無関係なのである。そういう論じ方があるのであろうか?

もちろんこうした問題は、ぼくがはじめて指摘したのではない。学生時代にも先輩たちは似たような問題提起をしていた。しかしそれから長い年月がたっても、この問題はいっこうに解消されないし、なにより中国建築やアジア建築の研究が飛躍的に進み、日本が閉鎖的になる必要がなくなった今でも、太田先生的枠組みを越えるようなものはないのである。

他大学の先生たちのディスカッションのなかで、ヨーロッパにおける19世紀実証主義と20世紀観念論との関係、中国における建築史学のありよう(歴史とは古代・中世と同義でかつ古代建築には日本建築の研究により充足されているなど)、日本・韓国・中国における比較論がどのようなレベルで成立しうるか、など建設的な議論ができた。

時代はもはや本質論を求めていないような気もする。しかしぼくとしては、最後の10年間くらいはこうした本質論に回帰したいなあとも思った。ぼくの最後の夢である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.06.03

野中郁次郎/紺野登『知識経営のすすめ』1999

社会勉強のために読んだ。経営学の概念「ナレッジ・マネジメント」なるものが90年代から欧米で注目されているそうである。

アルビン・トフラーの第3の波論やプロシューマー論(生産者と消費者の一体化)などがベースにおかれ、モノの生産が指標であった産業の時代がおわり、知識が産業と経営の主役になる時代のパラダイムが述べられている。ナレッジ・マネジメントはひとつの手法であり、それは企業内のベストプラクティスの活用という狭い意味にとどまる。筆者はそれをさらにひろげた「知識経営」がすでにトレンドになっている、というものである。

堺屋太一の知価革命論はやんわりと無視されているようである。日本初で欧米にも発信された議論のようである。

これは第二次産業(製造業)から第三次産業(サービス業)へのシフトともいえるが、しかし第二が第三に置換されるのではなく、包含もされる。例としてあげられているのが、自動車はかつてはたんなる産業生産物でありモノであったが、音響装置+音楽コンテンツ、ナビ+地理情報・交通情報・気象情報、あるいはツーリズム・ナレッジがどんどん付加価値とされるようになると、その知識が主体となって車メカニズムは副となってしまうかもしれない。電子レンジも、加熱メカニズムだけならモノだが、レシピ、食品ナレッジ、栄養ナレッジ、健康ナレッジが追加され、さらに消費者の学習プロセスまでインプットされるとむしろ知識が商品価値の大部分をしめるような逆転が生じるかもしれない。

こうした産業としては、製薬やバイオが有望らしい。

さらに知識の「場」が論じられている。インテリア、対話者、知識の文脈など、総合的なものが「場」であるらしい。ノキア社では、旧態然としたオフィスを廃して、人間同士のふれあいを活性化する巨大カフェテリアをつくってフレキシブルなミーティングができるようにした、など。アレグザンダーのパタン・ランゲージ論、イエイツの記憶術、ギブソンのアフォーダンス論、暗黙知、が引用されている(建築から見るとちょっと古くさいのであるが)。

ということで「情報」も「インダストリアル・デザイン」もすでに古いのであってこれからは「知識デザイン」なんだそうである。

・・・さて以上を建築の立場から斜視的に考察すると。

(1)住宅設計なんてもともと知識デザインでないか。つまり製材したりブロックを積んだりするローテクをベースにしているのだし、大量の建材を消費しているのであるが、その消費者は、これこれの間取りでしかじかのライフスタイルをする受託をデザインするという生産者でもある。建築の価値というのは、空間の配列で身体的そして知的な生活を可能ならしめるシステムをつくることにある。建築家が、特定の施主の願望やライフスタイルや思想をよみとって設計することは、じつは知識デザインなのである。このことはいままで不当に低評価されていたのではないか。

(2)ナレッジのための「場」は、この書では、まだまだ仕事場のイメージである。しかしほんとうに知識をデザインする生産的なワーカーは、住まいや、近隣の街や、情報・文化環境など、つまり都市そのものから知識の栄養をえている。それをデザインしなければならない。考えてみれば、近代産業のために現行都市計画の枠組みはある。いくら知識産業がこれから優勢だとはいえ、都市パラダイムはまだまだ産業社会時代のものだ。知識デザインが主役になるような都市をこれから考えることは、とてもわくわくするようなことかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010.06.02

三宅理一『負の遺産で街がよみがえる』

地元にあるフランス風カフェでざっと目をとおした。読了して店を出ると、レポーター+テレビカメラに呼び止められて「首相辞任をどうおもいます?」と突然きかれた。「根底にある安全保障はだれも論じませんね」と答えた。たぶんボツであろう。

それはともかく三宅さんが2009年に出したこの文献は、パブリックアート、シュリンキング、クリエイティブ、多文化都市、などといった最近のタームをわかりやすく解説するのと平行して、「アーティスト・イン・空き家」や秋葉原プロジェクトなどの彼自身のプロジェクトを解説している。

もともと彼は建築史家なのだが(最近では中公新書から『パリのグランド・デザイン』を出版している)、展覧会のキュレーションや、ワークショップや、国際会議のオーガナイザーなどにずっと積極的に取り組んでいて、本書はその後者のアプローチをまとめたような一冊である。

本書を読めば、コンフェランスのテーマ設定、ワークショップのコンセプト例などいろいろ個別の示唆はあることができる。

しかし全体としては、アメリカ型アプローチと、ヨーロッパ型アプローチの対比として書かれているし、日本的アプローチがあるとすれば、むしろ後者に近いというような見方がうかがえる。

クリエイティブ・シティ、あるいはリチャード・フロリダのいう「創造階級」とはおもにアーティスト、研究者、作家などの流動的な階層である。フロリダは当然のこと、アメリカ社会を前提にしている。ソーホーのアーティストたちであり、彼らは資本のように自由に流動し、ある地域の価値を高める。だから創造階級はどうしてもグローバル資本主義の申し子たちのように見られる。だからクリエイティブ・シティもまた、グローバル資本主義の一形態であり、弱肉強食の自由競争を念頭においているのであろう。

しかし三宅さんがたとえば京島で発見したのは、ちんどん屋、落語家、占い師といった芸人の世界であり、地域に根ざした創造階級である。それは資本のように流動的であるわけではない。

クリエイティブ・シティそのものは結構だが、そのアメリカ的枠組みの限界はしっかりふまえつつ、日本社会にあった枠組みを構築すべきで、そうでなければ自信喪失のままでいることになる、という主張である。

でもこの論をどんどん発展させると、やがて市民ひとりひとりの個の自覚と自信をとりもどそう、といったものになるのであろうか?がんばれがんばれもつらいなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »