« 世界の虚構性について | トップページ | アーバン・フィジックス »

2009.07.09

『ガルガンチュア』を読んだ

村上春樹のあとでラブレーを読むのはかなりきわどい組み合わせである。でもけっこう良かったりして。読了後、その繋がりを考えるのもおそしろそうだと考えた。

なぜ『ガルガンチュア』かというと、2年前にレンヌを旅したとき、鐘楼の話しを読んだからであった。

レンヌには中世からの鐘楼があって、それは巨大なもので、市民の誇りであったが、1720年の大火でいちど破壊されたが、市長はその残骸を集めさせて、再度鋳造して鐘をつくり、18世紀に市庁舎が再建されるとそこに取り付けさせた、というのである。

大火前の鐘はフランス中に知れ渡るほど大きく有名なものであったので、ラブレーの『ガルガンチュア』のなかで言及されている、というのであった。

そこで宮下志朗訳の3巻本に目をとおした。とりあえずはレンヌの鐘だけでよかったのだが、面白くて読み通してしまった。

肝心の「レンヌの鐘」はこの邦訳では登場せずに、結局、WEBの英語サイトでその記載を発見した。つまり主人公はたいへんな巨人であって、その首飾りにレンヌなどの巨大鐘をつけるほどであった、というそれだけの話しであった。とはいえこの書はさまざまな逸話をかき集めることで16世紀フランスのパノラマになっている点が面白い。

それからルネサンスの書であるという本来的な観点。古代ギリシアや古代ローマの神話、詩、文学、哲学からの引用が充満しているし、たとえば訴訟談義のおいてもローマ法、ユスティニアヌス法などの条文を引用しつつ吟味したりしている。それらが主人公たちの一種の人格形成の(荒唐無稽な)物語として語られている。これらはソルボンヌ的な、ということは中世神学的な知の体型とはまったく異なる世界を描こうとしている。

もうひとつはフランスのサイトで面白かったのは、『ガルガンチュア』というキャラクターはラブレーの発明ではなく、口承物語りとしてフランスに伝統的なものであって、それはメリクリウスという古代の神が、ガリア化(フランス化)したものである、という指摘である。こういう意味でもルネサンス的なのであるが。いずれにせよ中世的な縛りにたいして、古典古代的なものを解放として位置づけている。

16世紀の古典主義もそうなのであろう。この時代の古典古代解釈はとても自由なものであって、17世紀における規則化とはまったく異なるものであった。文学を満たしている雰囲気を念頭において、建築も観察すべきなのであろう。当然。

|

« 世界の虚構性について | トップページ | アーバン・フィジックス »

Rennes」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/424713/30472279

この記事へのトラックバック一覧です: 『ガルガンチュア』を読んだ:

« 世界の虚構性について | トップページ | アーバン・フィジックス »