« 建築家の世襲制についての話が脱線して・・・・ | トップページ | 「けんちく」と「建築」 »

2009.05.31

『1Q84』

村上春樹の新作を読んだ。

専門家はきっとまっとうな解説をするのだろうから、自己流の感想文だけを書いてみる。

背景として描かれているのはコミュニティ。まず過激な左翼運動、それを起源とする農業コミュニティ、それが転化した新宗教の団体や、ふたたび過激派となって結局は事件を起こしてしまう集団の流れ。ここで描かれているのははっきりしている。制度や国家からは自立した共同体というある世代の理想である。

ディテールとしては一種の帰農集団というのが日本には伝統的なのだと思った。それはひょっとしたら、江戸時代の下級武士が(たとえば薩摩の西郷隆盛のように)武士でありしかし農業もやってというライフスタイルの古層なのかもしれない。しかし、若者の異議申し立てを共有しているフォークの神様Oや、コミカル派のフォークの人であったSが、しっかり帰農しているのはたんなる偶然ではないのは明らかに思える。これは現在の有機農業の出自にみられる傾向からも連想される。

「リトル・ピープル」は、共同体は自立しうるものではなく、外部からあるいは背後からの特定できない侵入者たちによって操られるということの喩えのように思われる。

天吾と青豆の自我は、しっかりした中心はない。それは欠落を中心として成立する自我であり、また欠落をコアとするメカニズムそのものが、自我の根拠であるという感じである。

ふたりにとって共通しているのは「家族」も「共同体」も崩壊しているという事実である。

青豆。彼女の両親は新宗教にはまっていた。それを受け入れられず家出する。家族と共同体とから同時に逃走した。

天吾。母親は赤ん坊であったときにいなくなっていた。父親は血が繋がっていない。10歳のころ、NHK受信料徴収人であった父の仕事を手伝わないと宣言し、家族を拒否する。学校には所属するが、収入を得るようになっても、組織のしっかりしたメンバーであろうとはしない。

「家族」からも「コミュニティ」からも疎外された人間はどのように生きてゆくのか?「家族」とも「コミュニティ」もなくなった人間にとって、世界は揺らぐ。月が二重になるのは、そういうことの表現であろう。天吾/青豆というのも一種の二重化かもしれない。彼らはともに新宗教と戦うのである。

彼らは欠落によって生きてゆく。ふたりは互いに愛し合いながら20年間会うこともできず、生きてゆく。こういう設定は、構造的なものであって、もちろんリアルなものではない。つまり欠落を抱えながら、ふたりが互いに欠落であるような構造において、ふたつの人生が支え合っている。対話もなく、接触もなく。

天吾は、大切な人には会えない、意志を伝えられない。母親はいない。父親とは対話がない。認知症になった父親に語りかけるが、こんどは父が彼のことばを理解できない。

彼は「不可能性」を生きる。みつけようと思った青豆はもういないはずである。ある意味、黙示録的でもある。彼とふかゆりの関係は、新たな新宗教の創設さえ暗示させる。

いちど二重化したものは、にどと一重化できない。

小説家志望の天吾は、少女ふかえりの原作をもとに、『空気さなぎ』を書く。それは虚構が現実を浸食してゆくような感じで描かれる。この架空の小説は、小説内小説である。劇中劇のように。それが村上春樹の自伝的というか、作家であることの検討なども含んでいるのかもしれない。しかし、この物語には結末がない。それは結末などありえないという構造があるのだ、ということを意味したいかのようである。BOOK3、4と続くのだろうか?

そしてかつての左翼運動からも、近過去の新自由経済からも、自由で無縁であろうとする個。その個が、さらに擬似的なコミュニティ、新宗教からも無縁であろうとすれば、それはいかにして可能なのだろうか。それは内なる神話を構築すれば可能であろう。そして、いかにしてそんな神話を書くことができるのであろうか?

|

« 建築家の世襲制についての話が脱線して・・・・ | トップページ | 「けんちく」と「建築」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/424713/29879732

この記事へのトラックバック一覧です: 『1Q84』:

» 村上春樹 イスラエル [ニュース速読み深読み]
あいまいにーI my me今どうやら村上春樹さんの小説が売れているらしいんですが、『ノルウェイの森』が映画化する影響なのでしょうか? 私は学生... [続きを読む]

受信: 2009.06.01 00:12

« 建築家の世襲制についての話が脱線して・・・・ | トップページ | 「けんちく」と「建築」 »