« 北京のコールハース物件が火災 | トップページ | 難波和彦『建築の四層構造』をいただきました »

2009.02.20

パリの聖地を巡って

出張も終わりに近づいたので、パリ「聖地」巡りである。ただし順不同。

「ボン・マルシェ」。これは古き良きパリの趣味をよくのこしたデパート。右岸のプランタンなどがややもすると流行に流れすぎているなかで、この店は中庸も心得ていて、安心できる。ここはパリを訪れるとりわけご婦人たちにとって聖地である。

いちどゼミの学生を連れてパリ建築ツアーを企画したことがある。学生たちをいろいろ連れ回したが、途中でまったく偶然に「ブル・ブラン」のファクトリーショップに遭遇したことがある。彼女たち(たまたま彼らではなかった)は一挙にお店に突入して、建築見学はサスペンデッドになったしまったことがある。まったく。映画ではあるまいし。

その学生たちを「夕飯はここで調達するといいよ」って感じでボン・マルシェに連れて行ったら、みるみるテンションがあがってゆくのがわかった。獲物を見つけた野獣のようでさえあった。自分の指導教員のことなどまったく眼中にはないという空気がひしひしだったので、ほうっておいた。

このようにボン・マルシェはすごくて、ぼくのような朴念仁のテンションをも一気に高める効果がある。とくに食材コーナー。一階だが、日本で言えばデパ地下である。ここには古今東西の食材が結集した食の万博である。すごい誘惑。ここでなにも買わずに通りすぎるのはとても難しい。

もちろん食のグローバル化では、フランスが最先端ではない。ずっとまえからロンドンやアムステルダムの高級スーパーでは、基本的に、ないものはない。日本食も含め、地球上の名だたる料理は網羅されている。ぼくの経験ではすくなくとも10年前からそうである。パリもようやくそうなってきた。ということで寿司もみそ汁もフツーにおいてある。

街角のスーパー「モノプリ」にも高級みそ汁が売られていた。まあ2週間の滞在ではそれほど懐かしくはありませんが。

「パリ外国宣教会」。ボンマルシェの裏にある。これは世界遺産候補である長崎の教会を建設した主体である。辛気くさい宗教団体と思ったら大間違いで、お茶やそのほかアジアの高級特産費を売っているお店も経営している。書店もある。ここではアジアを知るためのさまざまな書籍を販売しており、アジア専門書店といったところ。この宣教会設立350周年ということで、近年、布教の実体を研究して出した文献がおおい。他の客もいなかったので、レジの人にいろいろ質問して教えてもらう。さすがに長崎の教会の世界遺産化運動など、いろいろご存じであった。日本に来た宣教師についてどのように調べるか、パリの教会堂と長崎のそれの類似性について、宣教会における布教史研究の実体などについて、いろいろ教えてもらう。たんへん参考になりました。ありがとうございます。また訪れて勉強・研究させていただくことでしょう。

「建築書店」。これもまた聖地。本を買いあさり、日本に発送してもらう。ぼくは昔からのいい顧客なので名前が登録されている。するとときどき値引きをしてくれたりする。ここはさいきんやっとウェブ・サイトを構築して、ダイレクトに買えるようになった。日本や英語圏にくらべて遅れていることは否めないが、それでも文献コンテンツを考えたら、ますます聖地化した、ということである。ちなみにご愛顧という日本語があるが、フランス語では「フィデリテ」、つまりお客がお店にたいして「忠実」などと表現する。さすがアングロサクソン的資本主義とは一線を画するお国柄である。

ちなみにここんところの経済危機で、フランスのツーリズム業界は大打撃である。旅行代理店の店長がテレビで「客は王様だから」と言っていたが、すこしはこの国も変わったようである。それでも客が神さまである我が国には及ばないのも明らかだが。

「パレ・ド・トーキョー」。キリコ展をやっていた。これはすばらしい。20世紀ではもう珍しくないが、絵画内絵画、絵画そのものをテーマにする絵画である。とくに彼はイタリアの広場がトラウマになっていて、それを描いた。また静物画と風景画を融合したようなものも面白かった。彼が描いたのは彼そのものの内面であり、形而上学的絵画であった。それまでの絵画の歴史、歴史画、風景画、静物画、宗教画は、それを描くためのボキャブラリーとなる。

「モワザン」。日常の聖地。街角のパン屋です。ただしかなり工夫をこらしていて、昔気質ではない。おなじバゲット(フランスパン)でも、付加価値をつけるためか、ビオ(バイオ、オーガニック)、職人風、田舎風などさまざまな付加価値をつけたものが商品化されている。ここはビオ、昔風が売りで、規定価格のバゲットでさえ、餅のように「むちっ」として食感がすごい。

ぼくが留学してはじめて本場のフランスパンを味わったのはもう20ン年前であるが、そのころはたしかにおいしかったが、ちょっとぱさぱさしているし、塩味が強かったことが印象にのこっている。食の追求には限度がないようである。

そういえば夕方のテレビでは、素人が素人を自宅に案内して食を振る舞い、おたがいに採点しあうような番組がはやっている。無理にショーアップしたバラエティ番組のくだらなさに比べれば、かなり好印象である。日本もいまだにそうだが、フランスはまだまだアメリカからのコンテンツ輸入にかなり頼っているのである。

・・・というわけで今回はやや脱力していましたが、それでも裏切られることはなかった。

|

« 北京のコールハース物件が火災 | トップページ | 難波和彦『建築の四層構造』をいただきました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/424713/28226711

この記事へのトラックバック一覧です: パリの聖地を巡って:

« 北京のコールハース物件が火災 | トップページ | 難波和彦『建築の四層構造』をいただきました »