« 2010年6月11日「ランドスケープデザイン論」(4)平戸史 | トップページ | 2010年6月11日「ランドスケープデザイン論」(2)『海・港・都市』 »

2009.01.02

2010年6月11日「ランドスケープデザイン論」(3)海外の事例

(講義を履修されていない方はパスしてください)

「平戸プロジェクト2010」の考え方、に戻る

13:00(524教室/2号館2階製図室)-:「ランドスケープデザイン論」(3)『海外の事例』(福島)

キーワード:インフィル、水辺空間、ウォーターフロント

概要:

町並みの中の部分的な空地に新築をおこなうことを、オーストラリアなどでは、インフィルという。

特に歴史的な環境においては、新築のデザインには事前の十分な歴史調査、デザインや用途が適切かどうかといった検討が必要となる。本講義では、インフィル・デザインの考え
方と国内外の事例を紹介する。

また、国内・海外のウォーターフロントにおける再開発事例についても紹介する。

----------

講義レポート課題3:授業の内容を、A4×1枚、1600字ていどにまとめてください。適宜図版(1図版あたり50KBに縮小のこと)を添付のこと。

添付ファイル(PDF形式)容量: 500KB以内

件名=添付ファイル名=レポートヘッダの様式:

1DS12345G塩原芸子-100611L論3(海外の水辺空間)

メール添付送信先: 土居・福島

〆切;6月18日

|

« 2010年6月11日「ランドスケープデザイン論」(4)平戸史 | トップページ | 2010年6月11日「ランドスケープデザイン論」(2)『海・港・都市』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/424713/28611883

この記事へのトラックバック一覧です: 2010年6月11日「ランドスケープデザイン論」(3)海外の事例:

« 2010年6月11日「ランドスケープデザイン論」(4)平戸史 | トップページ | 2010年6月11日「ランドスケープデザイン論」(2)『海・港・都市』 »