« マルセイユが2013年ヨーロッパ文化首都に選ばれた | トップページ | 商店街のパレード »

2008.09.19

今年の「文化遺産の日」のテーマは「遺産と創造」

建築学会大会の1日目の終わりました。宿に戻って休んでいると・・・休みすぎて寝てしまい、夜中に目が覚めた。そこでWEBで暇つぶし。

フランスでは9月20日と21日は「遺産の日」であり、有名な文化財指定の建物は無料で公開される。

モニトゥール誌の2008年9月18日にはその記事が書いてあった。著者はAdrien Pouthier氏。

抄訳してみよう。

遺産:個人所有の不動産の危機

フランスでは9月20日と21日は25回目の「文化遺産の日」である。テーマは、歴史的文脈で、現代建築をどうつくってゆくか、である。とくに指定文化財が個人不動産である場合、その維持経費の不足が大きくなっていることが問題視されている。

公開物件は1万5000件。訪問者は去年は1千200万人、ことしはもっと。25回目の成功であろう。今年のテーマは創造と遺産。既存の条件にしばられていても、現代建築はそのなかで大きな成果をあげるのである、と文化相の説明。例としてペイのルーブル宮ガラスのピラミッド、フォスターのメゾン・カレ神殿わきの現代美術ミュージアム。しかしそれほどうまくいっていない例ももちろん多い。「創造」も重要。しかし単純な保存でさえ、とても込み入った作業なのである。

数的には、個人所有の指定文化財は全体の半分ほどである。しかし遺産のためにあてられる3億ユーロの予算のうちに、たった7%があてられるにすぎない。フランスには文化財遺産もこなす企業連合(180社をたばねる)やDemeure Historiqueなる3000の個人所有遺産をまとめる組織がある。彼らは予算不足から、これらの文化遺産が劣化してゆく危機にあることを訴える。しかし国家予算は削減の傾向にある。だからいろいろな目的税が新設されるかもしれない。たとえばインターネット・ゲームに課税するとか・・・

・・・などということで、いろいろ大変です。日本における教育予算の国家予算にしめる割合は先進国で最低だそうで、文化にかける予算もどんどん少なくなってゆく。フランスでもおなじことで、教育予算も、おそらく文化予算も削減傾向である。ルーヴル博物館も、とっくに独立法人のようなものになっている。だからいろいろ世界戦略を派手に展開している。

大会のテーマのなかでも、公共建築のストック化、さらには文化遺産化が考えられるなかで、公共団体が管理維持できなくなったものは民間の手にゆだねられるが、そのときに公共財としての位置づけはどう守られるか、などという議論があった。

民間委託もひとつの選択肢であれば、新税創設などもそうであろう。勝ち組にターゲットをしぼった新税創設もいいかもしればい。これはフランス流。しかし寄付をするモチヴェーションをうまく工夫すれば、アメリカ型のやりかたもできるかもしれない。お金はあの世までもっていけませんよ、だから寄付して名前を残しましょ、とかね。

明日は、いやもう今日ですが、建築史の研究懇談会があります。どうなることやら。

|

« マルセイユが2013年ヨーロッパ文化首都に選ばれた | トップページ | 商店街のパレード »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/424713/23844013

この記事へのトラックバック一覧です: 今年の「文化遺産の日」のテーマは「遺産と創造」:

« マルセイユが2013年ヨーロッパ文化首都に選ばれた | トップページ | 商店街のパレード »