« サルコも「グラン・パリ」構想をもっている | トップページ | It's too late by Carole King »

2008.04.22

早起きは三文の得(AR誌Daily Newsをのぞいてみれば)

このごろ朝早く目が覚めるんだよ。年取ったね。でもいいこともあるかもしれない。コーヒー飲みながらパラパラ新聞をめくる・・・というかんじでウェブをのぞく。

たとえばArchitectural Record誌のDaily News欄なんか面白い。

3月31日。ジャン・ヌーヴェルがプリツカー賞受賞。フランス人としてはポルツァンパルクについで二人目。(長い紹介の記事は省略)・・・そうだったっけ?個人的にはヌーヴェルのほうが上だと思っているけどね。

4月2日。RMJM(エディンバラの国際デザイン会社)がハーバード大学のGSD(デザイン大学院)に150万ドル寄付。デザイン実習の研究教育統合プログラムの「RMJMプログラム」設立のためである。これはデザイン教育のなかにビジネス原理を導入するためであるという。RMJMのCEOピーター・モリソンは「建築はドバイや中国などのビッグプロジェクトで潤っているが、ブローカーやエージェントが支配しているし、人材供給もこの先不安で、優秀な学生はハイテクやマネジメントを指向している」。ハーバード大学も50万ドルを準備している。建築ではもっと資金とテクノロジーを教えねばならない・・・。まさにそのとおり。しかし日本ではむしろ昔風の個人スキルをみがくことにまだ集中している。そんなニッチで生き残るという逆説もあるのかも。

4月8日。ロサンジェルスで《洪水のあと》展。ハリケーンによって洪水にみまわれたニューオーリンズに関する展覧会が開催される。ヴェネツィア・ビエンナーレで2006年に展示されたもの。

4月15日。ニューヨーク・パブリック・ライブラリは大改装のため、建築家選定の作業をしている。3億ドルの工事を担当するのは、だれか?館長は「真の天才がほしい」。シアトルの図書館はレム・コールハースであったが、NYでは?

4月21日。テルアビブの「ホワイト・シティ」はその4000棟のインターナショナルスタイル建築によってユネスコ世界遺産に認定されたが、そこにバウハウス・ミュージアムが開館した。オープニング展が4月25日から。ミース、ブロイヤー、ベルなどの家具、グラフィックなどを展示する。この「ホワイト・シティ」そのものが、1930年代の建設ブームのなかでナチから逃れてきたユダヤ人建築家たちが建設したものであった。そしてヨーロッパの近代運動を地中海にもたらした。キュレーターは画商で、朽ちかけていた1920年代の住宅を、市と協議して残し、ギャラリーとしたとか。・・・遺産、遺産といえばいうほど日本は素質的にプアということに気がついて悲しくなる。潜在的資産、つまり歴史的に蓄積してきた富の総量がまるで桁違いなのだから、ますます外国との違いが明らかになる。日本は過去ではないのです。近現代から近未来にかけてのそこそこよかった時代の遺産を、これから残すことを考えるべきです。つまり日本はもっと自分の近現代に自信をもてと。

・・・などなど記事満載で、けっこう内容もあるので、はまってしまいそうである。

architectural review誌のサイトはイベント、展覧会、各賞、新刊案内など充実しているが、レコード誌のようなニュースはない。

Architectural Record誌は数年前からこのdaily newsをやっているが、それでも年々充実している。他紙もやればいいのに。

メディアは普遍的ではなく、それぞれの国やネットワークに依存しているし、レコード誌もよくよめばNYから世界をのぞいた視線というものを感じる。グーグルもさまざまなサイトを総括するようなものを建築でもつくれば面白いのにね。そうなればメディアの存在意義も変わるであろう。

そうなるとメディアはぎゃくにローカル性、固有の世間性、固有の審級(誰が経営者であるかによっておおきく変わる)などが全面に出てくる。メディア・キャラクターということになるであろう。読む側はそのキャラクターを区別する能力を要求される。メディアリテラシーである。

情報によって世界は均質化されるわけではないで、結構なことである。ぎゃくに村や世間をつくりたがる人間性がより前面にでてくるということだろう。

さて仕事するか。

|

« サルコも「グラン・パリ」構想をもっている | トップページ | It's too late by Carole King »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/424713/20466624

この記事へのトラックバック一覧です: 早起きは三文の得(AR誌Daily Newsをのぞいてみれば):

« サルコも「グラン・パリ」構想をもっている | トップページ | It's too late by Carole King »