« 東方旅行(042)1988年1月10日(日)ルクソール | トップページ | 東方旅行(043-048)1988年1月11日(月)~16日(土)/カイロでの無為な日々 »

2008.03.29

カルロ・スカルパのこと(トレヴァー・ハウエルズ教授の講演にちなんで)

トレヴァー・ハウエルズ教授というシドニー大学の先生がきて、建築保存についてのミニ講演会をしていただいた。先週のことである。春休みなので動員はあきらめていて、学生も数人であったが、かえってアットホームなゼミのような講演となった。

内容はまったく学生むけのもので、シドニーのいわゆる「アダプティブ・リユース」の概念と例に触れ、さらにパリ(ルーヴル、オルセ)、ローマ、ヴェローナ、イスタンブール、ロンドン(テイト・モダン)の保存再生の例を見せるというものであった。「学生むけのパワポをもっていただけなんだ」ということであった。しかしプレゼの最後が、ヴェローナのカステルヴェッキオ博物館すなわちカルロ・スカルパであったことがぼくの興味をひいた。

スカルパはヴェネツィアの建築家であり、不遇の時代もあったが、70年代になると国際的に有名になった。私見によれば、時代の後押しがあった。つまり近代建築批判、伝統回帰、古建築と町並み保存の黎明期にあって、イタリアの伝統を身体にしみこましながら、伝統的な都市空間のなかで、その文脈を踏襲しつつ、伝統的でもあり個人的でもあるすばらしい造形を展開した。世界がイタリア芸術を忘れつつあったなかで、それを思い出させた。

サンテリーアやテラーニなど合理主義者はやはりミラノ、ローマなどの生粋の古典主義のフレームワークにおさまっている印象である。またスーパースタディオなどのフィレンツェのラディカルたちは、ブルネレスキ流のいわゆるテクノニヒリズムの系統であろう。

それらとの対比においてスカルパはやはりヴェネツィア的なのだ。つまり建築的には中世という最盛期がすぎ、商業的にはルネサンスにおけるピークがすぎ、18世紀以降ははっきりと衰退が顕著になった、澱みつつ蓄積しながらも屈折してゆく、異質なものを受け入れつつつねに自己回帰してゆく、そういうヴェネツィアなのである。

ぼくの恩師である故I先生はスカルパを絶賛していた。そんなこともあって彼は弟子のJ大先輩をイタリアに送り込んだということになっている。そしてそれが日本における保存運動のひとつの流れとなった。だからスカルパは日本の70年代をも象徴している。

おそらく同じ時期に、オーストラリア人であるハウエルズ教授もまた、スカルパに関心をもったのであろうことは容易に想像できる。もっとも70年代においてスカルパはもはや個人的嗜好の対象ではなく、普遍的な大きなうねりを世界にもたらされていたのであるが。

講演のあと、ぼくはハウエルズ教授に2~3質問した。

まずなぜ最後にカルロ・スカルパかという問いには、スカルパは修復家ではなくすばらしい建築家だから、という答え。これが今の学生にはもっとも理解しにくいであろう。今世の中では文化財保存だの世界遺産だのわかりやすいポリティカル・コレクトネスが用意されているので、なにが本物で、本物はなにゆえに良いのか、という本質論を自問するということがしだいに忘れられてゆく。しかしハウエルズ教授がスカルパを最後の〆にもってくるそのメッセージ性を受け取らねば、おじさんになったぼくと、若い学生との距離は無限大になってしまうのである。

つぎにヨーロッパ諸国や日本では、古建築の保存の歴史的なプロセスにおいて、「フランス建築」や「日本建築」という概念が確立していったのであり、日本では1930年代に「日本建築」が確立したとぼくは思っているが、そのような意味での「オーストラリア建築」はあるか、という(すこし意地の悪い)質問もした。オーストラリアは6州がバラバラで、また白人ばかりでなくアジア・中国からも移民が多い(だからひとつのナショナルな文化は生まれにくい)、という返答であった。

オーストラリア建築の状況はSD誌のバックナンバーでも簡潔にして要を得た紹介がなされているし、ヨーロッパへの劣等感が根底にあることも想像の範囲内であった。でもぎゃくに日本式にいえば、保存といっても近代建築の保存しかない。そしてそこでは、日本にように50年経過しなければ保存の対象として考察されることもない、また保存の専門家でありながら(あるがゆえに)現代建築がわからない、だから建築的価値そのものがわからない、といったことではない。

スカルパは近代建築をくわしく学習していた。彼はライトを模倣していたつもりであり、ル・コルビュジエもとうぜん知っていた。フィリップ・デュボイがマクミラン建築家百科で指摘しているように、パリのピカソ美術館が遺作なのだが(実施は別の建築家)、そのプロジェクトでル・コルビュジエの建築プロムナードを応用しようとした。

スカルパについては熱狂的な愛好者が多くいるし、文献における解説も少なくはない。なのでとくにオリジナルでもない説明をしておこう。

良くも悪くもヴェネツィアの建築家なのだ。またムラーノ島でガラス職人の訓練をつんでいた時期もあるなど、職人的建築家でもある。小空間、素材、光、すべてが身体的に把握されている。彼がヴェネツィアという濃厚なテキストのなかで体験した、都市空間、建築空間、絵画、彫刻、などが身体にしみこみ、そしてかれのスケッチのなかで蘇生する。

そういう意味では中世のゴシック都市を理想化したラスキンの『ヴェネツィアの石』のもうひとつの解釈であり具現化であるとするのは飛躍だろうか。

ヴェローナのカステルヴェッキオ博物館。既存の800年代に建設された城に、ナポレオン時代の増築がなされた。城郭であり、作りは簡素で、おおざっぱである。そこにスカルパは介入し、小さなスケールの要素を混在させた。空間は分節化され、マテリアルにより意味は重層的に追加され、光による細やかな演出がなされる。それはヴェローナにあるおおざっぱな前身建物のなかで、ヴェネツィア的な空間を展開して、まったく別のものにしてしまうか、あるいは空間を入れ子の二重構造にしてしまうことであった。写真は、自慢ではないが(といいつつ自慢しているが)、25年前の拙写である。

空中に浮遊する騎馬像はむしろ背後の石とレンガの壁を際立たせているように思える。光は、明/暗ではなく、暗/明/暗のコントラストをもたらし、そのことによって空間を分節する。

Dscn9061 Dscn9056 Dscn9058 Dscn9057

Dscn9059 Dscn9060 Dscn9055 Dscn9054

Dscn9053 Dscn9052 Dscn9050 Dscn9051

ヴェネツィア建築大学の門。新しい門に場所を譲った古い門は、前庭のなかに水平に置かれ、それが枠となって池とされる。ぼくが訪れたときはたまたま水がなかったが。それは基本的にはひとつのエディクラである。そのエディクラ、それを構成するモールディングのなかを、スカルパは彼自身の繰型によって埋め尽くす。彼特有のギザギザ断面のものだ。これにより壁体を軽やかにし、リズムをつける。ミケランジェロが独特のスタイルにより奇妙なエディクアを創作しながら、しかしローマ的な古典主義の枠のなかに収まっていたように感じられるのとは異なり、スカルパの繰型は、しいていえば彼が吸収しようとしたモダンなのであろう。それをライトの影響といえば平板である。そうではなくスカルパがその身体性においてとらえようとしたなにかである。

Dscn0902 Dscn0898 Dscn0901 Dscn0900

それにしてもスカルパは日本を旅行中、1976年、仙台で客死したのだ。

病気があって、事故に見せかけた自殺であったという憶測もある。磯崎新は旅先における死ということで彼を松尾芭蕉に喩えたりもした。ハウエルズ教授はスカルパの客死をしらないはずはない。日本での講演をスカルパでしめるということは、そういう意味でも、とても象徴的なことなのだ。

|

« 東方旅行(042)1988年1月10日(日)ルクソール | トップページ | 東方旅行(043-048)1988年1月11日(月)~16日(土)/カイロでの無為な日々 »

Venezia」カテゴリの記事

コメント

土居義岳様
本稿、興味深く読ませていただきました。はじめてご連絡さしあげます。

わたくしは1970年代末にヨーロッパにわたり、その後ウィーンに小さな事務所を開く日本人建築家です。
ひとところに長く居ると現地にうもれている情報に通じるようになり、また岡目八目的な意味合いで日本の堂々巡り的現象にも眼が拓くものです。
そういったところをふまえつつ、私なりに考え建築を作ってきましたが、その蓄積を日本の後進の人たちにご披露するのも、あながち害でもあるまいと考えるに至りました。
いま建築を学ぶ人たちが、羅針盤もなしに情報の大海を渡ってゆかざるをえないようなのを、本当に大変だなあと思っていること、でもじつは、建築をつくる者が押えておくべき考え方のABCは、普遍的なものであることを、あまり人が言わなくなった、と感じるからです。

たまたま日本にいる若者から、最近は本気で意見を発信する充実したブログも見られるようになったと諭され、それでは、とグーグルに「ブログ・建築史」とうち込み、そこから土居先生のブログに遭遇するまでは3クリッ
ク。おおいに勇気づけられて、私も始めてみることにした次第です。

私のURLはまだ工事中ですが、体裁が整い次第ご連絡させていただきますので、そのおりにはご高評いただければ幸いです。

以上ご挨拶かたがた、ご連絡まで。
2008年3月30日 ウィーンにて
三谷 克人

投稿: 三谷 克人 | 2008.03.30 22:06

三谷克人様

黒沢明の《夢》のような、不思議な夢をさきほど見ました。

ぼくは知人たちと数人でいました。文脈唐突なる夢のこと、ほかの誰であったかは設定されておりません。どこかで、またしても誰であるか設定されていないふたりの女性の幽霊をまっていました。ふたりはあらわれ、地上2mくらいを浮くように歩きながら、こちらに向かってきて、ぼくたちには気づかないように、ゆっくりと、どちらかの方向に歩き続けていました。ふたりのうちひとりがぼくたちにとって好ましい人物でした。ぼくたちはその女性の名を必死で呼びつづけました。振り返られもしないのに。

ぼくにはわかっていました。ふたりの女性は、かつての実際の生身の人間ではなく、女性の姿形をした抽象概念なのです。

そこで夢は終わり。目がさめたぼくは、精神分析を受けたあとの患者のように、メールをチェックしました。そこで貴メールを発見したというしだいです。

崩壊について一冊書いた建築史家もいました。しかし建築史家にとって大切なのは、崩壊ののちだと思っています。過去を現在のように生き直すこと、そうすることで一瞬でしかない現在に、空間、すなわち間口と奥行きを与えることです。過去を現在において生きる、ということです。

そういう意味でヴェネツィアは本質的ななにかをもった場所です。同様にウィーンもそうです。その名を呼びつづけるにふさわしい都市であることを承知しています。そこからの貴メールはなにかの符合かもしれません。

土居義岳

投稿: 土居義岳 | 2008.03.31 01:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/424713/11859565

この記事へのトラックバック一覧です: カルロ・スカルパのこと(トレヴァー・ハウエルズ教授の講演にちなんで):

« 東方旅行(042)1988年1月10日(日)ルクソール | トップページ | 東方旅行(043-048)1988年1月11日(月)~16日(土)/カイロでの無為な日々 »