« パリ外国宣教会(Missions Etrangeres de Paris)についての情報収集/フランス人宣教師たちは原風景を長崎にうつそうとした? | トップページ | 東方旅行(028)1987年12月27日(日)カイルーワンの大モスク/建築の過渡期性ほど感銘を与えるものはない »

2007.09.18

東方旅行(027)1987年12月26日(土)カルタゴの古代遺跡/古代にふれたということだけが教訓であってはいけないのだが・・・

東方旅行(027)1987年12月26日(土)チュニス滞在、カルタゴ見学【両替】チュニジア銀行で80$=62.160DA、しかしチャージが1.200とられるので、60.962DAとなる。【航空券】チュニスからカイロまでの航空券。ティニス航空で月曜11h45発107TUD、エジプト航空で火曜・木曜発で228.500TUD(約4万円)。月曜、火曜は満席とのこと。【書店】ミシガン大学が出版した『カルタゴ発掘1976』があった。

Dscn6079   Dscn6081   Dscn6082_2

(左)アントニウス浴場。海に面して美しい。ここは採石場として活用され、チュニス市内、そして北地中海の都市たとえばピサ、に建材を補給する拠点となった。今は白い円柱が一本、復元され立てられている。(中)劇場。おもしろさなし。(右)ローマ人のウィラ。ペリスタイルが復元されている。

Dscn6073   Dscn6076  Dscn6075  

Dscn6080   Dscn6074

 【カルタゴ博物館】ローマ人はカルタゴの丘のうえに広大なプラットホームを建設して平地のようにしてしまった。そこをフォーラムとした。いわゆる「アフリカ積み」の壁面が印象的である。

  ただここの遺跡は建築史にはあまり登場してこない。傑作が少ないからである。なぜカルタゴか。それは世界史的に重要だからである。

Dscn6078_2

   カルタゴの古代ローマ遺跡は海に面している。水平線は見えない。空と海がたまたま同じ色をしていたからだ。崩れたアーチのなかに船は浮かぶ。 

  プチ歴史。カルタゴは紀元前814年にフェニキア人が建設した。フェニキア人は地中海を支配したが、その覇権をめぐってシチリア戦争、ポエニ戦争がおき、結局前146年にローマにより滅ぼされた。ローマによる植民はまず紀元前122年にガイウス・センプロニウス・グラックスによって、さらにカエサルとアウグストゥスによりなされた。現在の遺構はほとんどローマ時代のものである。ちなみにアウグスティヌスはティムガドの出身であり、カルタゴで弁論術を学んだ。

719pxplan_carthage_romaine_2

  5世紀、ヴァンダル属の支配。6世紀、ユスティニアヌスはヴァンダル王国を征伐し、ローマ領とした。カルタゴとラヴェンナには総督府が設置された。647年以降、アラブ人たちが侵攻し、698年よりイスラム教徒が支配した。

 ところで日本人による興味はここで終わる。つまり文献やWEBのなかの記載は、古代とイスラム化した時代についてのみで、ヨーロッパ諸国との関係や、フランス占領下のことはほとんど触れない。十字軍を引き連れカルタゴで亡くなった聖王ルイを記念するサン=ルイ大聖堂が、19世紀、建設された。1979年、ユネスコ世界文化遺産となった。しかしこのことはカルタゴの地中海性をものがたっており、ヨーロッパとくにフランスとの関係の深さを物語っている。日本人はべつに西洋人の視点や興味をもたなくともいいのだが、しかしそれでも、古代ローマ文明の継承性、とくにキリスト教時代があったことなどが、植民地支配の正当性の根拠となっているという構図を見なければならない。

 現在の遺構は、建築の偉大さを表現するようなものは残っていない。思い出すのは1980年代、日本がアメリカと貿易摩擦をおこしていたころ、日本はフェニキア人でアメリカはローマ人だと比喩されていたことである。日本は貿易国家として繁栄していたが、繁栄も度が過ぎると、ローマ帝国=アメリカが征伐しにやってくるということである。

|

« パリ外国宣教会(Missions Etrangeres de Paris)についての情報収集/フランス人宣教師たちは原風景を長崎にうつそうとした? | トップページ | 東方旅行(028)1987年12月27日(日)カイルーワンの大モスク/建築の過渡期性ほど感銘を与えるものはない »

東方旅行(1)スペイン・マグレブ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/424713/7995777

この記事へのトラックバック一覧です: 東方旅行(027)1987年12月26日(土)カルタゴの古代遺跡/古代にふれたということだけが教訓であってはいけないのだが・・・:

« パリ外国宣教会(Missions Etrangeres de Paris)についての情報収集/フランス人宣教師たちは原風景を長崎にうつそうとした? | トップページ | 東方旅行(028)1987年12月27日(日)カイルーワンの大モスク/建築の過渡期性ほど感銘を与えるものはない »